入れ歯と言うとご高齢の方がするものだという世間一般の認識が強く、いざ、自分が入れ歯の治療が必要になった時、そのショックたるや…計り知れません。

でも、入れ歯を専門にご相談を受けていて感じるのは…30代で入れ歯に悩んでいる方も、意外に多いです。そして、ご自分の受けている治療に満足していない方も、多くいらっしゃる事です。

まだ、若いのに「入れ歯」と言う…自分が歳をとったような意識は、誰だって持ちたくはないですよね。

お悩みの多くは、歯医者へ行くのが怖くって…、人前で口を開いて笑う自信なんてない、人から入れ歯って気付かれたくない…とマスクをつけたり、常に口に手を当てている…、あまり噛まずに飲み込んで食事をしているので、胃腸の調子が良くない…などです。

当院では、医療先進国ドイツでは100年以上前から行なわれているテレスコープシステムという方法で行う、咬合理論に基づいた、入れ歯っぽくない、スタイリッシュな入れ歯をご提案しています。インプラントや日本の一般的な入れ歯治療とは全く異なる特徴を持つ治療方法です。一般的なバネの入れ歯が合わない方、若い年代の方など今の治療方法に満足なさっていない方にお薦めできる治療です。