日本式の入れ歯治療では、ほとんどの場合、就寝時は入れ歯を外しておくようにとドクターから指示されます。

しかし、これでは「身近な人から入れ歯だと気付かれたくない」と思っても難しくなります。日常の様々なシーンにおいて支障が出てきますし、お友達との旅行などにも出づらくなります。

また、義歯を夜間はめておかないことで、酸素飽和度や脈拍数には悪影響を与えます。(この結果は、当院院長がアメリカのIADRにて、学術発表しています。)外したまま寝ると、朝起きた時にお口の中はカラカラに乾燥していると思いますが、これは、入れ歯を外すことで呼吸にも影響を及ぼすためです。

元来、体の恒常性を保つ為には、義歯であったとしても歯は24時間なければならないものなのです。

ドイツ式のテレスコープシステムの義歯は、就寝時も含め24時間、口の中にはめておけるだけの適合性や安定性があります。義歯を外すのは、歯磨きの時だけです。入れ歯というよりも、歯に固定する被せものやブリッジのような、自分の歯に近い感覚の使用感です。

24時間はめてけるだけの性能を持った入れ歯は、健康な日常生活を送るためにとても重要です。見た目の美しさはもちろんのこと、お口の中の失われた様々な機能を回復させていくことで、本来の健康を取り戻して頂くことが、当院の目指している治療です。