当院では、乳歯の虫歯治療に関しては、歯をほとんど削りません!

これは、乳歯の治療の目標が “永久歯に虫歯を移さない治療” だからです。

乳歯は、永久歯と比べて小さいため、虫歯を削って、詰める治療をすると、あっという間に歯の神経まで虫歯が進行して、結果、神経を取る治療にまで至ってしまう事と、子供は永久歯へのはえ換わりの時期に、歯ぎしりをよくするので、大人と違って、詰め物がよく取れたり、壊れるので、これを放置する事で、繰り返し虫歯になり易いのです。

当院では、虫歯でカルシウム分が溶け出している部分に、濃度の濃いフッ素を繰り返し浸透させる事で、虫歯の進行を止めていく処置や、虫歯に詰めるお薬も、フッ素が含まれているものを使用し、お薬がジワジワ虫歯に作用して、虫歯の進行を止めてくれるような処置を中心に行っています。

この治療法の方が、歯を削って詰める処置よりも、虫歯の進行が食い止められます。

もちろん、治療が終了した後も、4~6ヶ月に一度くらいの虫歯のチェックとフッ素塗布は、お口の中の健康を保つ為にも、とても重要です。

乳歯の虫歯には、急性タイプのものが多く、急性の虫歯は、虫歯の部分も白い虫歯で、見つけ難く、数ヶ月のうちに大きく進行するからです。

▲小児のTOPへ