最近、1才を過ぎたくらいの小さなお子様でも、既に歯並びが悪く、歯が重なってはえていたり、上下の歯のかみ合わせが反対になっていたり、下の歯が、上顎の歯肉に食い込むようにはえていたり….というのは、珍しくありません。
これは、哺乳時期に問題があったことがほとんどです。離乳時期が早かったり、哺乳瓶の口の形が正しい形のものを選択できていなかったり、指しゃぶりがあったり….ということが原因にあげられます。

小さい頃からのこのような問題は、歯並びを悪くするだけではなく、鼻炎等の鼻の病気をはじめ口呼吸の原因にもなりますし、全身の健康に関わってきます。当院では、正しい哺乳指導から、このような問題を改善するための筋機能訓練を行っています。そして、なるべく早い時期のに改善する事をお薦めしています。
まずは、ご相談ください。

▲小児のTOPへ