湘南歯科医院 外観

湘南歯科医院は、お家のような病院です。

当院では、患者様お一人お一人の生涯を通じたお口の中の健康作りをお手伝いしています。

折角、治すのであれば、一度しっかり計画的に治療して、治療後は再度悪くならない様にケアをして大事に長く使っていくことをお薦めしています。

人生の最後の時まで自分の歯で過ごせるような丁寧な治療を行っています。

⇒院長紹介はこちら

湘南歯科医院の院内設備

《 ドイツKaVo社のユニットでより安全性の高い治療を提供 》

よく病院では、ズラッと薬品のガラスの小瓶が並んでいて、薬のにおいが病院中にしていますが、当院ではいわゆるこれらの劇薬などは使用していません。

病院独特のお薬のにおいがしない病院です。

これらの劇薬類は、患者様の体にとってはアレルギーを引き起こし易くなりますし、妊婦の方には使用できない薬も多いです。当院では、妊婦の方だけが避ければ良いのではなく、全ての人に使用しない方が良いとの考えから治療に使用していません。

このような薬品類を使用しない代わりに、ユニット(診療用チェアー)は医療先進国ドイツのカボ社製のものを使用することで、診療の安全性や精度を上げています。

ドイツ国内でも、大学病院をはじめ、多くの病院でこのユニットが採用されています。また、ユニットだけでなく、歯科用の器機の多くはカボ社製が採用されています。性能の高さと、このメーカーにしか無い機能が沢山あることが理由です。

unit2.jpg

このユニットの特徴は、器機から出てくるお水は全て体温と同程度の温度管理がされており、歯が感染しない様に消毒された清潔なお水が出てきます。

こういうお水を使って歯を削ってあれば、削った歯は感染しないため、治療後、歯が悪化するリスクが低いです。

また、歯を削る機器は一分間に38万回転という高速で回転している為、たっぷりとお水を歯にスプレーしながら削らなければ、すぐに歯は火傷を起こしてしまいます。削った時に歯の神経が火傷をすると、治療後に歯が痛くなったり、しみたりしますが、このたっぷりのお水を掛けながら削る機械なので、歯の安全性がより高く保てます。この様に治療することで、削った歯でも治療後長持ちします。他にも、当院では多くのカボ社製品を使用しています。

F-005.jpg

顎関節症の検査を精密に行える機器「ディグマ2」、虫歯の深さを検査する機器「ダイアグノデント」(予防の項目でご紹介しています)、噛み合わせを検査したり、精密な歯の装置を作る為の機器「プロター7」「プロター9」などが、当院での使用機器です。

これらの機器を使用することで、患者様の歯を治療する際には、より安全で精度を高くすることができ、劇薬類を使用しなくてもよい治療を実現しています。

ヨーロッパ基準をクリアする消毒システムで安心

湘南歯科医院では、いらした患者様へ安心して診療を受けていただくため、クラスBオートクレーブを使用して器具の滅菌をしています。

消毒システム

クラスBオートクレーブは小型高圧滅菌器のヨーロッパ基準(EN13060)で「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」機械の事です。

さらに、LISA(左写真)は今までの歯科で使用されている滅菌器よりさらに厳しく、医科で使用されている大型滅菌器の規格(EN285)に準じた滅菌が行える機械です。

消毒した器具

このように、器具をパッキングしたまま滅菌し、お一人ずつ器具を使用する直前に開封しています。

患者様のプライベートを守る個室完備

個室の診療室が2部屋

個室の診療室が2部屋です。

お口の中の悩みは、他の人には知られたくないプライベートなことです。

当院では診療室内の会話や治療内容が待合室にも届かないようになっていますので、安心して相談から治療まで受診していただけます。

診療室が2部屋の理由は、すべての患者様を最初から最後まで、院長が拝見させていただきますので、丁寧な診療を行うにはこれ以上の部屋は必要ないです。

湘南歯科医院の院内のご紹介

staff02.jpg

当院の院長とスタッフです。ささいなこともお気軽にお声がけ頂けたらと思います。

014-2.jpg

こちらが湘南歯科医院の入り口です。

楽しい気持ちで医院内へお入りいただけるよう、小鳥や葉っぱのモチーフを取り入れた扉が皆さまをお迎えします。

047.jpg

医院の入り口前には、季節によって色とりどりの花が咲いています。

中に入る前にお花を楽しんで頂けると嬉しいです。

046.jpg

入り口を入ると待合室、受付があります。

待合室には、先代の院長が撮った写真や絵を飾っています。

マクロ撮影が得意だったので、昆虫や花が大きく写っています。よくぶれずに動く鳥や昆虫が撮れていると、感心してしまいます。

時々、模様替えの様に絵や写真を変えたりしています。

067.jpg

中央の額は、現院長が顎咬合学会からいただいた「咬み合わせ認定医」の認定証です。

時計は長野に住んでいる作家さんが作ったもので、この丸い形は月を表しているようです。上の部分は、木や家々が並んで彫刻してあります。

木でできていて、とても物語のある時計でお気に入りのものです。

歯のお悩み、お気軽にご相談頂けたらと思います。お家の様な診療所でみなさまのご来院をお待ちしております。