ドイツ式の高性能部分入れ歯 テレスコープ義歯、上下かみ合ったお口の型取りから作るよく噛めて、痛くない性能のよい総入れ歯が専門です
投稿
  • HOME »
  • ドイツ式の高性能な部分入れ歯

ドイツ式の高性能な部分入れ歯

テレスコープ義歯ってご存知ですか?

医療の先進国、ドイツで開発されたテレスコープ義歯(入れ歯)をご存知ですか?

日本では、まだまだ知られていない治療方法ですが、ドイツでは100年以上前から行われている、長い歴史に裏打ちされた信頼のおける治療方法です。

テレスコープ入れ歯テレスコープ入れ歯

特徴としては...

歯にバネをかける(クラスプ)ことは一切ありません。入れ歯だということが分かりません。義歯のタイプによっては写真のように義歯というよりは被せ物に近い形をしているので、他の人から入れ歯をしているというように見えませんので、安心して、日々使って頂けると思います。見た目の美しい入れ歯です。

精密にお口の中に合うように作られた義歯ですので、24時間はめておける入れ歯です。もちろん、就寝時にもはめておきます。歯磨きの時だけ、取り外して中までしっかり磨いてください。中までしっかり磨ける義歯は清潔です。義歯を毎日しっかり磨いて頂ければ、口臭(入れ歯の臭い)の心配はありません。

インプラントの様に手術は必要ありません。その為、骨が薄い方、高血圧症の方、糖尿病の方、手術が怖い方など幅広い方々に対応できる、安全な治療方法です。なおかつ、インプラントと同様の歯の固定感(フィット感)があります。

残っている歯を利用して、入れ歯を固定する治療方法です。通常のクラスプ(バネ)式の入れ歯では、残っている歯に集中して負担がかかる為、歯の悪化が進みやすいのですが、テレスコープ義歯は歯に負担が集中しないので、治療した後も歯が悪化するリスクが減らすことができるので長く使って頂ける義歯です。

残っている歯が入れ歯の固定源になるので、入れ歯がカタついて、緩んだり、外れたりしにくいです。
ガムやパンも噛めます。もちろん、しゃべっている時に外れそうになることはありません。

テレスコープ義歯の中には、色々なタイプの装置があるので、1-2本歯を失った場合から1-2本しか歯が残っていない場合まで、どのような歯の状態の方でも合うタイプの入れ歯が作れます。

一度作った入れ歯は、定期的なメンテナンスをしっかり受けていただけば、かなり長持ちします。(治療後に、2−6か月ごとのメンテナンスは必要です。)

と、良いことばかりのテレスコープ義歯ですが、これだけの高性能な入れ歯を作るには全ての細かい部品に至るまで、お一人ずつのカスタムメイドになるため、費用は少し掛かります。

そのため、診療の順序は、

  1. 初めに、どのようなお悩みがあるかのご相談をおうかがいした後、どのような治療なのかをご説明します。
  2. 治療希望であれば、模型による咬合診断とレントゲン検査にて、具体的な治療費用と治療方法の計画書をお出しします。
  3. 治療計画書に同意されて、治療希望であれば、治療をスタートします。

 

image_001.gif

まずは電話またはメールにてご相談からどうぞ。

テレスコープ義歯と他の治療方法との違い

現在、治療の選択の幅は広がり歯が欠損した場合、インプラントやスマイルデンチャー、コンフォート義歯(柔らかい材質の入れ歯)やクラスプ義歯(バネの入れ歯)などの治療方法があります。

名前は聞いたことがあっても、実際の治療方法の特徴が分からなければ、どの方法を選択すべきか分かりません。歯科医師からみたそれぞれの特徴をお伝えします。

インプラント

 

インプラントは入れ歯と違って、歯がはずれないところに最大のメリットがあります。入れ歯を外してお口の中のお手入れをすることに抵抗感を感じる方や人前で入れ歯がゆるむ事を心配する方などに支持されている方法です。

インプラントの最大の特徴は、歯は骨と固定することです。骨に穴を開けて、そこへ金属のボルトを植え込み、歯を作ります。骨に穴をあけるため、手術が必要となります。その為、手術が怖い方や、骨の薄い方、糖尿病や脳梗塞をした方など全身的な病気をお持ちの方や服用している薬の種類などによっては、治療が困難な場合があります。

自分の歯とインプラントの歯が異なるところは、インプラントには歯で噛んでいる感覚はないことです。これは、歯は歯根膜と言う感覚センサーが、歯と歯槽骨との間に介在するため、ここで「固いパンを噛んでるな」…とか「キャベツを噛んでるな」…という感覚が歯で感じられます。しかし、インプラントは骨と直接、ゆ着させるので、インプラントの歯には、自分の歯のような感覚センサーが存在しないからです。

インプラントは骨とインプラント体の金属をゆ着させる方法なので、治療後の歯の定期的なメンテナンスはとてもシビアです。定期的なメンテナンスをずっと続けていかないと、骨とインプラントのゆ着が剥がれて、歯周病にかかってグラグラしてきます。その為、インプラント治療を行った場合は、手術を行った病院でインプラントの歯が緩んでないかどうか、歯周病にかかっていないかなどを定期的にチェックしに行くことをお勧めします。

ノンクラスプデンチャー、コンフォートデンチャー、スマイルデンチャー…

バネがないタイプのデンチャー(入れ歯)

色々な名前のバネがないタイプのデンチャー(入れ歯)です。
材質は、柔らかいゴム素材のものから、通常の入れ歯のような硬いプラスティックまであるようですが、バネがないことと比較的安価な治療費である事が特徴でで、バネが見えると入れ歯と気付かれてしまう…. という心配がありません。

ただ、残っている歯の周りで簡単に挟んで留めているだけなので、外れはしませんが、噛むたびに入れ歯が沈み込んで動きますので、葉もの野菜や、固い食べ物を噛むことは困難です。

また、このタイプの入れ歯は、就寝時にはめておくと寝ている間に緩んで外れる可能性がありますので、24時間はめておくのは難しいかもしれません。

入れ歯のカタつき度に関しては、クラスプ(バネ)の入れ歯より劣ります。

その分、残っている他の歯への悪影響は高くなるので、お口の中全体の歯の悪化は早くなります。特に、シリコンの柔らかい素材を使った義歯の場合は、ひっかけている歯にかかる負担が大きくなるので、歯の悪化にはご注意ください。

入れ歯の耐久年数は、2−3年です。

クラスプ(バネ)入れ歯

 

クラスプ(バネ)入れ歯

保険の治療では、このタイプの入れ歯しか認められていません。

ノンクラスプデンチャーと留め具の原理は同じです。留め具が金属なのか、プラスティックや、ゴム素材なのか、金属製のバネなのか、留め具の素材の違いと考えてください。

クラスプ(バネ)は、歯の両側のバネで入れ歯が落ちないように固定していますが、丸みのある歯に丸いバネを引っかけても、入れ歯を固定する効果が薄いことと、噛んだ時に入れ歯が歯肉に食い込むことに抵抗する要素がバネに殆ど無いのが、この入れ歯が緩みやすく、よく噛めない要素です。

このように、それぞれ治療方法によって費用や特徴が異なります。どの治療方法が自分に合うのか、最適な方法を選択して頂ければと思います。 

ドイツ式の高性能な入れ歯(テレスコープ義歯)についてはこちらから

実際の治療をご紹介1(小さい範囲の部分入れ歯)

症例 1

初めは…

左下奥から2番目の銀歯の歯が折れてしまい来院。奥から2番目の歯は折れてしまい残せなかったので、抜歯となりました。通常、一番奥歯の歯が健全であれば、ブリッジといって、一番奥歯から3本-4本のつながった被せもので治せますが、一番奥歯の歯周病が進んでいて、将来的には抜く可能性があったため、患者様との相談の結果、今回はもし、奥歯が悪くなっても、悪くならなくても、どちらでも大丈夫な様に治す治療計画で治療をスタートする事になりました。

リーゲル治療前

左下一番奥の歯、奥から3番目の銀歯(この歯も歯の神経がなく、あまりしっかりと強度の高い歯ではありませんでした)、奥から4番目の白い歯(唯一、この歯は神経があり、しっかり強度のある歯でした)・・・この3本が治療範囲となりました。 

治療の最後は…

リーゲル治療後内冠

奥から2番目の歯だけが抜歯となりましたが、一番奥歯、奥から3番目、4番目の歯まで、つながった形の内冠という金色の被せものを歯につけて固定してあります。

歯磨きの時だけ、入れ歯をはずして、歯磨きをしますが、入れ歯をはずすとこのような状態になります。歯磨きが済んだら、入れ歯をはめて、レバーを閉じて固定し、夜寝る時もはめたままにします。

リーゲル治療後外冠

入れ歯をはめると、このような状態になります。

実際の入れ歯の形です。入れ歯のレバーを閉じると、内冠の金属にカンヌキが閉じて、自分の歯と入れ歯が固定される仕組みになっています。

そのため、入れ歯が浮いてきたり、カタカタ動いたりという心配はありませんし、動かないので痛くありませんし、ドイツ人でも硬いパンをしっかり噛める強度がでます。

バネも一切かからないので、他の人に入れ歯だという事は全く知られずに済みます。

片側リーゲル義歯開-1片側リーゲル義歯閉-1

症例 2

治療の途中…

片側リーゲル2支台歯-1

この方は、奥2本の歯を喪失したため、その手前2本の歯を治療して、計4本分の部分入れ歯(テレスコープ義歯)の治療をしました。

治療の最後は…

片側リーゲル2内冠-1

この様に、手前2本の歯には、内冠という、テレスコープ義歯をぴったり固定するための金属の被せものをつけます。

入れ歯は、内冠とレバーで固定するので、ガッチリ動かなくなります。

入れ歯をはめる時に、レバーを入れ歯の内側に閉じるとはずれなくなり、はずす時に、レバーを開けます。

入れ歯をはめると、下の写真の様になります。

片側リーゲル2外冠-1片側リーゲル2外冠-1

 

中程度の範囲の治療に関してはこちらから

全体的な範囲の治療に関してはこちらから

 

実際の治療例をご紹介2 (中程度の範囲の治療)

症例3

初めは…

中リーゲル治療前-1.jpg

「被せものをした奥歯が1本折れてしまった」と来院されました。それから、1-2週間の間に、その手前の被せものをした歯も立て続けに折れてしまったとの事でした。

それが、この状態です。

もし、車のタイヤの一か所が外れたまま運転していたらどうなるでしょうか。車が動いたとしても、車体は歪み、他のタイヤも飛んでしまう事でしょう。

歯も車のタイヤと同じで、残っている歯は顎の力を支えきれずに次々と折れたり、割れたり、痛くなったりしはじめます。 

こうなると、歯の悪化が加速度を増して進行します。そうならない様に、残っている歯が悪化して抜かなければならない状態にならない様に補強することと、失ってしまった奥歯3本分、顎の力を支えられるだけの強度のある歯を作る治療計画を立てました。 

治療の最後は…

中リーゲル内冠-1.jpg

治療が完了した後のお口の中の状態です。

入れ歯をはずすとこのような状態になり、はずして歯磨きをして、またすぐに入れ歯ははめます。

治療する歯の本数や補強方法は、残っている歯の状態によって様々です。

この方の場合、7本分の歯を折れない様に歯を補強しました。

歯の治療が終わった後、将来的に悪化する可能性の高い部分を治療範囲に含めることで、治療後に歯が悪化するリスクを減らし、結果として、一度治したら長期間治療の必要が無くなるように出来るのが、この入れ歯の大きなメリットの一つです。

中リーゲル外冠-1.jpg

治療が完了した後は、数カ月ごとの定期的な歯のお掃除にいらしていただくだけで、その後は、しょっちゅう歯を治す…といった事はなくなります。この治療をするメリットとして、治した後は歯にかかるダメージが減り、歯が長持ちします。

中リーゲル装置-1.jpg

 

症例4

初めは…

2本コーヌス旧義歯-1.jpg

治療を始める前は、バネ(クラスプ)のタイプの入れ歯を使っていたそうです。でも、この入れ歯だとカタカタ動くので、よく噛めなくて、歯肉に食い込んで痛くて一日していられないと言っていました。

HP2本コーヌス治療前義歯なし-1.jpg

以前は入れ歯を外すと、このような状態で、奥歯から中間にかけて4本の歯を喪失していましたが、他の歯に関しては歯もしっかりとして、ほとんどの歯が健康状態がとても良かったです。

HP2本コーヌス治療前義歯あり-1.jpg

バネのタイプの入れ歯をはめているところです。一見、問題なく噛めそうにもみえます。

しかし、なぜ噛めないかというと、バネで丸い歯に引っ掛けているだけなので、歯のない入れ歯部分で、いざ噛もうとすると、バネは簡単に持ち上がって浮き上がり、逆に入れ歯の下の歯肉には入れ歯が食い込んで痛くなるのです。それがカタカタの原因です。

治療の最後は…

2本コーヌス外冠-1.jpg

最終的に、この様に治りました。

入れ歯が入っているように見えますか?

2本コーヌス治療後内冠-1.jpg

テレスコープ義歯を外したところです。

この方の場合は、年齢や歯の健康状態を検討し、入れ歯の治療範囲は、歯の喪失部分4本と入れ歯を支えるための歯2本となりました。

歯の形を加工する治療は必要になりますが、バネとは違い、この入れ歯は噛んでもビクとも動きません。

この金属がはまった歯(内冠)が入れ歯を固定して、動かない役割をしています。

2本コーヌス新義歯-1.jpg

この方のテレスコープ義歯(入れ歯)はこのような形になってます。

 

症例 5

初めは…

両側リーゲル初診義歯なし-1.jpg

治療を始める前はクラスプ(バネ)式の入れ歯を使用していましたが、バネが見えると入れ歯と分かってしまうのが嫌で…あと、入れ歯がカタカタ動いて、入れ歯で噛めるものを探しながら噛んでます、歯の周りの歯肉もよくはれるという症状がありました。

バネ式の入れ歯をはずしたところです。

両側リーゲル旧義歯-1.jpg

治療前に使っていたクラスプ(バネ)式の入れ歯です。このバネは、入れ歯が外れない様にする効果しかなく、ものを噛むと、バネの輪っかは広がって歯の付け根の歯肉に食い込み、それと共に入れ歯の床(歯肉)が下の歯肉に食い込むので、カタついたり、痛みが出ます。

入れ歯についている歯も、丸くかなりすり減っているので、食べ物のかみ切りも悪いと思います。

両側リーゲルset外冠-1.jpg

治療が終わり、テレスコープ義歯をはめたところです。この義歯は、入れ歯が揺れたり動いたりしない分、歯全体にかかる力の負担が少なくなります。歯にかかる力の負担が減ると、歯の周りの歯肉がはれにくくなりますので、それ以降は、歯肉が腫れる症状が落ち着きました。

また、歯の無い部分の入れ歯の歯も動かず、沈み込みにくい為、葉もの野菜のかみ切りがよくなりました。

そして、バネがなくなったので見た目もキレイに白い歯になり、唇にバネが引っかかることも無くなりました。

両側リーゲル内冠-1.jpg

入れ歯を外すとこのような感じです。

下の前歯は、特に治療はしていません。左右側の中間の歯の金属の部分が、治療した範囲です。

はずした状態で歯磨きをして、入れ歯は入れ歯で別に磨いてから、またすぐにはめて、夜寝る時もはめたままご使用していただきます。

両側リーゲル新義歯-1.jpg

今回作ったテレスコープ義歯です。

実際の治療例をご紹介3(大きい範囲の部分入れ歯)

症例 6

初めは…

118-1.jpg

この方の上の前歯6本は、ブリッジ(つながった歯の被せもの)でした。一見、歯は悪くない様に見えますが、前歯は2本しか残っていませんでした。その為、上の前歯の被せものはグラグラと、もうすぐ壊れそうな状態になっていました。また、上の奥歯も下の奥歯も被せて治療した歯が多数ありましたが、被せて治した歯が次々に壊れたり、下の前歯が欠けたりと、色々と問題が起きてきて治療のご相談にみえました。

ご本人は、「よく噛めないので、治したい」とおっしゃっていました。

こういう場合に当院では、何が原因になって次々に歯が壊れていったのかを調べる為、歯の模型によるかみ合せの検査をまず最初に行います。この検査によって、壊れた原因を調べ、どういう治療をすれば再度壊れないよう治せるかを判断します。そして、治療した歯がこの先、しっかり長持ちするような治療計画を治療前に立て、患者様と治療の方向性を話し合います。治療のゴールが決まったら、治療はスタートします。

この方の場合は、上の前歯と下の前歯の位置関係が悪く、上下の前歯がかみ合っておらず、下の前歯が上顎の歯肉に食い込むようなかみ合わせでした。こういうかみ合せの方は、下の前歯が後ろから上の前歯を前に押すような形になり、上の前歯が徐々に出っ歯になるかみ合わせです。また、奥歯しか咬み合わないので、上も下も奥歯の悪化が進みやすくなります。その為、奥歯の被せものがしょっちゅう取れたり、壊れたりを繰り返します。ですから、治療のゴールとしては、

1)上と下の前歯が咬み合うような歯の位置、形に治す。こうすることで、前歯と奥歯のかみ合せのバランスが整うため、奥歯の耐久年数が長くなるようにする。(前輪2つのタイヤが小さい車を作っても、車は長く走れません。前後のタイヤ4つの大きさが同じ車の方が、より安定して、長期間走り続けられるのと一緒です。)

2)奥歯の治したところが、割れたり、取れたりしないような工夫をする。

大きくは、これを元に計画を立てました。 

治療が終わると…

385-1.jpg

歯の本数が多く、歯の神経もしっかり健康で、顎の骨の状態もよかったので、入れ歯というよりは、取り外せるブリッジ(取り外せる被せもの)で治しました。

取り外しがきく分、将来的に歯が悪化するようなことになっても、修理が可能なので、修理の後で、またこの入れ歯を引き続き使っていただけます。

それが、テレスコープ義歯の大きなメリットの一つです。

317-1.jpg

これが、テレスコープ義歯です。

225-1.jpg

テレスコープ義歯をはずしたお口の中の状態です。

このように、お口全体を総合的にみて、必要な部分を治しておけば、治療が終わった後にも、また別のところが悪くなった・・・というようなずっと歯を治し続ける負のサイクルへ陥ることは避けられます。

今は6か月ごとの歯のクリーニングとお口全体のメンテナンスを定期的に行い、お口の状態を維持しています。海外出張も多く、働き盛りでお仕事が忙しい方なので、歯の心配なくなり、外での食事がおいしく食べられると、毎日が楽しく過ごせますよね。

お口の中全体の治療が必要な患者様の場合は…

なん度、歯の治療を受けても、暫く経つとまた同じ症状が出る…歯を良くしたくて治療を受けているが、一向に良くならない…

実は、1本の歯を数度となく繰り返し再治療することは、歯にダメージが加わるため、治療回数が少ない方が、歯の耐久年数には有利に働きます。

治療ゴール(目標)を事前に計画してから、治療をスタートする計画治療ってご存知ですか?

当院では1度治療した歯を、その後長く使っていただきたいので、治療前検査をお薦めしています

治療前検査の項目として、模型による咬み合わせの検査とレントゲン検査を行っています。この検査により、お口の中のどの部分に問題があるのか(原因)、治療期間、治療費用、治療方法を事前に計画しますので、治療のゴールが見えた状態で、安心して治療が受けられます。また、このような計画的な治療方法で、治療終了後に歯が急に痛む、腫れるというトラブルが格段に減ってきます。

日本ではまだまだ少ない方法ですが計画的な治療を行うことにより、その後の定期的な予防処置を受診なさっていれば、歯を治す機会はかなり減るはずです。

計画治療のメリット

治療前に治療のゴールが決まるので…

  1. 事前に治療回数や治療期間が計画できる。
  2. 歯がどんな風に治るのかを事前にイメージできる。
  3. 治療費用が事前に分かるので安心。
  4. 治療終了後は、お口の状態を保つ為の定期的なチェックとクリーニングで良い。

初診からの治療の流れ

来院1回目

治療の相談でご予約下さい。その場合は、当院での治療方法や治療方針等を先にご説明しています。その後、希望があれば、治療前の検査等を行います。

来院2回目

治療計画の説明。治療期間、治療内容、治療費用についての説明と話し合いをします。治療計画に同意なさった患者様は、ここから治療がスタートします。

*なお、応急処置が必要な場合は、一番最初に応急処置をしています。

PAGETOP