ドイツ式の高性能部分入れ歯 テレスコープ義歯、上下かみ合ったお口の型取りから作るよく噛めて、痛くない性能のよい総入れ歯が専門です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • よく噛める

タグ : よく噛める

1-3本しか歯が残っていない場合

1−3本の歯が残っている場合の入れ歯の種類と特徴

あと数本しか歯が残ってないから、今、入れ歯を作るのはもったいない。全部の歯が無くなってから、総入れ歯を作ればいいわ…このような残念な声を聞くことがありますが、この考えはもったいないです。歯が数本しか残っていない場合、選択肢として

・クラスプ(バネ)式の入れ歯

・テレスコープシステムの入れ歯

・磁石やインプラントの留め具を使用した入れ歯…などが治療方法としてあげられます。

1-2本しか歯が残っていない場合

クラスプ(バネ)式の入れ歯

クラスプ(バネ)式の入れ歯の特徴

保険の治療方法でできるのはこの方法です。残っている1-3本の歯に写真の様なクラスプ(バネ)をかけます。入れ歯をバネで歯に引っ掛けて止めるため、入れ歯は一部くりぬかれた形となるため、入れ歯の密着は得られません。そのため、入れ歯は歯肉から浮き上がりやすく不安定になります。入れ歯の動きが出やすいので、かむと歯肉に食い込む、ズレて外れそうになる、入れ歯が残っている歯にぶら下がった状態になるといった事が起きます。

残っている歯は、バネで引っ張られる力が掛かるので、耐久年数が期待できないことと、歯のグラグラする症状が起こりやすくなります。また、噛んだ時に歯に力が集中し、逆に入れ歯の部分では噛む力が逃げやすいので、しっかり噛むのは難しいです。

磁石やインプラントの留め具を使った入れ歯

入れ歯の形状などによって、一概に同じ評価にはなりませんが、共通した部分として、磁石やインプラントの留め具の義歯は、留め具の部分で入れ歯の動きを止めている性質上、入れ歯本体は、歯肉の部分から少し浮き上がりやすく、これにより入れ歯の密着が得にくいため、入れ歯にものが詰まりやすくなります。

テレスコープシステムの入れ歯の特徴

歯肉全体を覆う形の入れ歯をはめます

歯が2本しか残っていない場合(内冠)

テレスコープシステムの入れ歯の中でも、歯が1−3本しか残っていない場合は、レジリエンツテレスコープ義歯の治療方法が適しています。

レジリエンツテレスコープ義歯は、上の図の様に残っている歯を少し小さく削って、金属の被せものを被せます。他の留め具の方法と違うのは、厳密には、残っている歯に力がかかりにくくなるように作り、それによって、入れ歯本体の密着度を上げるという、特殊な技術を使っています。

内冠という被せ物を歯に被せ、この上に歯肉全体を覆う形の入れ歯をはめます。この内冠を被せた歯の上に入れ歯を被せることで、歯が入れ歯のカタつきを抑えてくれる固定源として働いてくれるので、入れ歯が動きにくくなります。バネの入れ歯と違うのは、顎全体を入れ歯で覆う事で、顎の歯肉に入れ歯が吸い付くように密着するところです。ウォーターフィルム現象を利用して密着が得られるように設計します。

残っている歯を入れ歯の中にしまい込む形にする

レジリエンツテレスコープ義歯

残っている歯を入れ歯の中にしまい込む形にすることで、歯の無いところで噛んでも、歯のあるところで噛んでも、どこで噛んでも同じように噛めます。残っている歯は入れ歯が動かない様に固定してくれる役目をしてくれるので、入れ歯が緩みにくく、入れ歯と歯肉の間に空気が入りにくいことで、入れ歯の密着性が高めることができます。これで、入れ歯が落ちにくくなります。

そして、どこで噛んでも顎全体に噛む力(咬合力)が分散するような設計になっているので、噛んでも中の歯が痛くなることはありませんし、歯だけに力がかかる事もありません。

装着後

レジリエンツテレスコープ義歯をはめたところ

上下共に数本の歯しか残っていなくても、しっかりとしたきれいな歯になり、よく噛めます。このように、クラスプ(バネ)入れ歯の構造では、1−3本しか歯が残っていないことが入れ歯の安定性に不利に働いてしまうのですが、テレスコープ入れ歯の場合、1本でも歯が残っていることは、入れ歯が動きにくくなる重要な要素になり、有利に働きます。そして、テレスコープ義歯のもう一つの利点は、入れ歯を作った後、将来的に残っている歯を抜く事になったとしても、入れ歯は簡単な修理だけで引き続き使う事が可能です。なので、今作るのがもったいないではなく、今より悪化するのを待ってから治療をするのがもったいないです。

なるべく早く治して、その後、長く使っていただける入れ歯だと思います。痛くなく、なんでも噛める事は、健康への一番の近道です。

そして、みんなと同じものが食べれる喜びは、その後の生活を豊かにしてくれると思います。

この入れ歯は就寝時も含めて、24時間はめておく義歯です。外すのは、朝、晩の歯磨きの時だけです。残っている歯にかかる負担が軽減するため、耐久年数も長くなります。治療後に数ヶ月ごとの定期検診と、歯のクリーニングをしていただくと、歯の心配をする必要がなく日々が過ごせます。

このように、ドイツ式のテレスコープ義歯は手術の必要がない安全な治療で、他の方法に比べて耐久年数の長いのが特徴の入れ歯です。

まずは、入れ歯のご相談からご予約をお受けしていますので、ご連絡ください。

image_001.gif

入れ歯の歯並びまで院長が製作

一般的に病院では、これからご紹介する入れ歯の製作工程は技工士さんが作っています。しかし、当院では院長がお一人、お一人に似合った歯並びをお作りしています。

その理由は、実際にお口の中やお顔を拝見している院長が作った方が、その患者さんに似合った口元、歯並びに作れるからです。全て同じ既製品のようにならず、よりその方らしい口元が演出できます。

不思議と同じような工程で作っても、患者さんにお会いしたことのない技工士さんが作るものと、歯科医師が作るものでは、入れ歯をはめた時の口元や歯並びのリアル感は、全く違うものになります。

より満足度の高い、見た目もよく、よく噛める入れ歯を提供しています。

233-2.jpg227-1.jpg

1) まずは、上顎、下顎の歯型をそれぞれ別々に取ります。

この模型を使って、上下歯と歯がかみ合った状態の歯型を取るためのトレーを作ります。

265-2.jpg

2) これが模型にトレーがはめてある状態です。

上下顎の歯と歯がかみ合った状態を一緒に型取りする方法なので、かみ合う形にトレーを作っていきます。

278-1.jpg

3) 2) のトレーを使って、患者様のお口の中の型取りを上下顎同時に行いました。この歯型取りの方法の良いところは、上下顎の歯と歯がかみ合ったところの型が取れる事と、頬や口唇の型も取れるので、お口の中に大き過ぎず、小さ過ぎず、ぴったりフィットする入れ歯が作れることです。

299-1.jpg

4) 上下顎がかみ合ったところの歯型から、上下顎の模型を作ります。その他、頬や口唇のふくらみもこの型から模型を作ります。

入れ歯は、このブルーのお口の型の大きさや形と一致させます。

324-1.jpg

5) 上下顎の模型が④の歯型から出来たところです。

350-1.jpg

6) ここからいよいよ入れ歯を作っていきます。

まず、ベースになる板状のプラスチックのフレームを上下顎の歯型に合わせて作ったところです。

387-1.jpg

7) ピンクの部分が、上顎の入れ歯の歯を並べる位置です。歯を並べる位置は、白い模型が口唇の模型なので、この位置とぴったり合わせます。これが合っていると、入れ歯でも、お口を閉じた時の顔の輪郭がとっても自然に見えます。

400-1.jpg

8) 口唇の模型の輪郭に合わせて上の前歯の歯並びを作ったところです。

426-1.jpg

9) 下の奥歯の歯並びは、左右の顎の関節に合わせて、顎運動をしやすいような弧を描いた歯並びを作っていきます。

427-1.jpg

10) 下の奥歯の歯並びに合わせて上の奥歯の歯並びも作っていきます。これを左右行っていくと・・・

434-1.jpg

11) 下の前歯を抜かして、全部歯が並んできます。

460-1.jpg

12) 最後に全部の歯を並べて、歯肉の部分の形も歯型に合わせていくとこのような形になります。

ここまで作ってくると、作りながら患者様の顔が浮かんできて、その方の口元に合っているかどうかが、イメージ出来てきます。

ここまで作ったものを、実際に患者様にいらしていただきた時に、お口の中で仮合わせをして、

・歯並びが口元の印象に合っているかどうか

・しゃべってもらって、発音がきっちりできているか、発音チェック

・上下の歯と歯のかみ合せが合っているかどうか、かみ合わせチェック

など色々とチェックをします。合わない項目があれば、その場で歯並びの修正をしたりもします。

この仮合わせがOKだったら、次に入れ歯は完成です。

ですから、早ければ4回の来院で総入れ歯が出来上がります。

でも、早いからと言って、簡単に作っているわけではなく、このような様々な複雑な工程を時間をかけて作り上げているんです。

PAGETOP