ドイツ式の高性能部分入れ歯 テレスコープ義歯、上下かみ合ったお口の型取りから作るよく噛めて、痛くない性能のよい総入れ歯が専門です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • バネ

タグ : バネ

実際の治療をご紹介1(小さい範囲の部分入れ歯)

症例 1

初めは…

左下奥から2番目の銀歯の歯が折れてしまい来院。奥から2番目の歯は折れてしまい残せなかったので、抜歯となりました。通常、一番奥歯の歯が健全であれば、ブリッジといって、一番奥歯から3本-4本のつながった被せもので治せますが、一番奥歯の歯周病が進んでいて、将来的には抜く可能性があったため、患者様との相談の結果、今回はもし、奥歯が悪くなっても、悪くならなくても、どちらでも大丈夫な様に治す治療計画で治療をスタートする事になりました。

リーゲル治療前

左下一番奥の歯、奥から3番目の銀歯(この歯も歯の神経がなく、あまりしっかりと強度の高い歯ではありませんでした)、奥から4番目の白い歯(唯一、この歯は神経があり、しっかり強度のある歯でした)・・・この3本が治療範囲となりました。 

治療の最後は…

リーゲル治療後内冠

奥から2番目の歯だけが抜歯となりましたが、一番奥歯、奥から3番目、4番目の歯まで、つながった形の内冠という金色の被せものを歯につけて固定してあります。

歯磨きの時だけ、入れ歯をはずして、歯磨きをしますが、入れ歯をはずすとこのような状態になります。歯磨きが済んだら、入れ歯をはめて、レバーを閉じて固定し、夜寝る時もはめたままにします。

リーゲル治療後外冠

入れ歯をはめると、このような状態になります。

実際の入れ歯の形です。入れ歯のレバーを閉じると、内冠の金属にカンヌキが閉じて、自分の歯と入れ歯が固定される仕組みになっています。

そのため、入れ歯が浮いてきたり、カタカタ動いたりという心配はありませんし、動かないので痛くありませんし、ドイツ人でも硬いパンをしっかり噛める強度がでます。

バネも一切かからないので、他の人に入れ歯だという事は全く知られずに済みます。

片側リーゲル義歯開-1片側リーゲル義歯閉-1

症例 2

治療の途中…

片側リーゲル2支台歯-1

この方は、奥2本の歯を喪失したため、その手前2本の歯を治療して、計4本分の部分入れ歯(テレスコープ義歯)の治療をしました。

治療の最後は…

片側リーゲル2内冠-1

この様に、手前2本の歯には、内冠という、テレスコープ義歯をぴったり固定するための金属の被せものをつけます。

入れ歯は、内冠とレバーで固定するので、ガッチリ動かなくなります。

入れ歯をはめる時に、レバーを入れ歯の内側に閉じるとはずれなくなり、はずす時に、レバーを開けます。

入れ歯をはめると、下の写真の様になります。

片側リーゲル2外冠-1片側リーゲル2外冠-1

 

中程度の範囲の治療に関してはこちらから

全体的な範囲の治療に関してはこちらから

 

実際の治療例をご紹介2 (中程度の範囲の治療)

症例3

初めは…

中リーゲル治療前-1.jpg

「被せものをした奥歯が1本折れてしまった」と来院されました。それから、1-2週間の間に、その手前の被せものをした歯も立て続けに折れてしまったとの事でした。

それが、この状態です。

もし、車のタイヤの一か所が外れたまま運転していたらどうなるでしょうか。車が動いたとしても、車体は歪み、他のタイヤも飛んでしまう事でしょう。

歯も車のタイヤと同じで、残っている歯は顎の力を支えきれずに次々と折れたり、割れたり、痛くなったりしはじめます。 

こうなると、歯の悪化が加速度を増して進行します。そうならない様に、残っている歯が悪化して抜かなければならない状態にならない様に補強することと、失ってしまった奥歯3本分、顎の力を支えられるだけの強度のある歯を作る治療計画を立てました。 

治療の最後は…

中リーゲル内冠-1.jpg

治療が完了した後のお口の中の状態です。

入れ歯をはずすとこのような状態になり、はずして歯磨きをして、またすぐに入れ歯ははめます。

治療する歯の本数や補強方法は、残っている歯の状態によって様々です。

この方の場合、7本分の歯を折れない様に歯を補強しました。

歯の治療が終わった後、将来的に悪化する可能性の高い部分を治療範囲に含めることで、治療後に歯が悪化するリスクを減らし、結果として、一度治したら長期間治療の必要が無くなるように出来るのが、この入れ歯の大きなメリットの一つです。

中リーゲル外冠-1.jpg

治療が完了した後は、数カ月ごとの定期的な歯のお掃除にいらしていただくだけで、その後は、しょっちゅう歯を治す…といった事はなくなります。この治療をするメリットとして、治した後は歯にかかるダメージが減り、歯が長持ちします。

中リーゲル装置-1.jpg

 

症例4

初めは…

2本コーヌス旧義歯-1.jpg

治療を始める前は、バネ(クラスプ)のタイプの入れ歯を使っていたそうです。でも、この入れ歯だとカタカタ動くので、よく噛めなくて、歯肉に食い込んで痛くて一日していられないと言っていました。

HP2本コーヌス治療前義歯なし-1.jpg

以前は入れ歯を外すと、このような状態で、奥歯から中間にかけて4本の歯を喪失していましたが、他の歯に関しては歯もしっかりとして、ほとんどの歯が健康状態がとても良かったです。

HP2本コーヌス治療前義歯あり-1.jpg

バネのタイプの入れ歯をはめているところです。一見、問題なく噛めそうにもみえます。

しかし、なぜ噛めないかというと、バネで丸い歯に引っ掛けているだけなので、歯のない入れ歯部分で、いざ噛もうとすると、バネは簡単に持ち上がって浮き上がり、逆に入れ歯の下の歯肉には入れ歯が食い込んで痛くなるのです。それがカタカタの原因です。

治療の最後は…

2本コーヌス外冠-1.jpg

最終的に、この様に治りました。

入れ歯が入っているように見えますか?

2本コーヌス治療後内冠-1.jpg

テレスコープ義歯を外したところです。

この方の場合は、年齢や歯の健康状態を検討し、入れ歯の治療範囲は、歯の喪失部分4本と入れ歯を支えるための歯2本となりました。

歯の形を加工する治療は必要になりますが、バネとは違い、この入れ歯は噛んでもビクとも動きません。

この金属がはまった歯(内冠)が入れ歯を固定して、動かない役割をしています。

2本コーヌス新義歯-1.jpg

この方のテレスコープ義歯(入れ歯)はこのような形になってます。

 

症例 5

初めは…

両側リーゲル初診義歯なし-1.jpg

治療を始める前はクラスプ(バネ)式の入れ歯を使用していましたが、バネが見えると入れ歯と分かってしまうのが嫌で…あと、入れ歯がカタカタ動いて、入れ歯で噛めるものを探しながら噛んでます、歯の周りの歯肉もよくはれるという症状がありました。

バネ式の入れ歯をはずしたところです。

両側リーゲル旧義歯-1.jpg

治療前に使っていたクラスプ(バネ)式の入れ歯です。このバネは、入れ歯が外れない様にする効果しかなく、ものを噛むと、バネの輪っかは広がって歯の付け根の歯肉に食い込み、それと共に入れ歯の床(歯肉)が下の歯肉に食い込むので、カタついたり、痛みが出ます。

入れ歯についている歯も、丸くかなりすり減っているので、食べ物のかみ切りも悪いと思います。

両側リーゲルset外冠-1.jpg

治療が終わり、テレスコープ義歯をはめたところです。この義歯は、入れ歯が揺れたり動いたりしない分、歯全体にかかる力の負担が少なくなります。歯にかかる力の負担が減ると、歯の周りの歯肉がはれにくくなりますので、それ以降は、歯肉が腫れる症状が落ち着きました。

また、歯の無い部分の入れ歯の歯も動かず、沈み込みにくい為、葉もの野菜のかみ切りがよくなりました。

そして、バネがなくなったので見た目もキレイに白い歯になり、唇にバネが引っかかることも無くなりました。

両側リーゲル内冠-1.jpg

入れ歯を外すとこのような感じです。

下の前歯は、特に治療はしていません。左右側の中間の歯の金属の部分が、治療した範囲です。

はずした状態で歯磨きをして、入れ歯は入れ歯で別に磨いてから、またすぐにはめて、夜寝る時もはめたままご使用していただきます。

両側リーゲル新義歯-1.jpg

今回作ったテレスコープ義歯です。

1-3本しか歯が残っていない場合

1−3本の歯が残っている場合の入れ歯の種類と特徴

あと数本しか歯が残ってないから、今、入れ歯を作るのはもったいない。全部の歯が無くなってから、総入れ歯を作ればいいわ…このような残念な声を聞くことがありますが、この考えはもったいないです。歯が数本しか残っていない場合、選択肢として

・クラスプ(バネ)式の入れ歯

・テレスコープシステムの入れ歯

・磁石やインプラントの留め具を使用した入れ歯…などが治療方法としてあげられます。

1-2本しか歯が残っていない場合

クラスプ(バネ)式の入れ歯

クラスプ(バネ)式の入れ歯の特徴

保険の治療方法でできるのはこの方法です。残っている1-3本の歯に写真の様なクラスプ(バネ)をかけます。入れ歯をバネで歯に引っ掛けて止めるため、入れ歯は一部くりぬかれた形となるため、入れ歯の密着は得られません。そのため、入れ歯は歯肉から浮き上がりやすく不安定になります。入れ歯の動きが出やすいので、かむと歯肉に食い込む、ズレて外れそうになる、入れ歯が残っている歯にぶら下がった状態になるといった事が起きます。

残っている歯は、バネで引っ張られる力が掛かるので、耐久年数が期待できないことと、歯のグラグラする症状が起こりやすくなります。また、噛んだ時に歯に力が集中し、逆に入れ歯の部分では噛む力が逃げやすいので、しっかり噛むのは難しいです。

磁石やインプラントの留め具を使った入れ歯

入れ歯の形状などによって、一概に同じ評価にはなりませんが、共通した部分として、磁石やインプラントの留め具の義歯は、留め具の部分で入れ歯の動きを止めている性質上、入れ歯本体は、歯肉の部分から少し浮き上がりやすく、これにより入れ歯の密着が得にくいため、入れ歯にものが詰まりやすくなります。

テレスコープシステムの入れ歯の特徴

歯肉全体を覆う形の入れ歯をはめます

歯が2本しか残っていない場合(内冠)

テレスコープシステムの入れ歯の中でも、歯が1−3本しか残っていない場合は、レジリエンツテレスコープ義歯の治療方法が適しています。

レジリエンツテレスコープ義歯は、上の図の様に残っている歯を少し小さく削って、金属の被せものを被せます。他の留め具の方法と違うのは、厳密には、残っている歯に力がかかりにくくなるように作り、それによって、入れ歯本体の密着度を上げるという、特殊な技術を使っています。

内冠という被せ物を歯に被せ、この上に歯肉全体を覆う形の入れ歯をはめます。この内冠を被せた歯の上に入れ歯を被せることで、歯が入れ歯のカタつきを抑えてくれる固定源として働いてくれるので、入れ歯が動きにくくなります。バネの入れ歯と違うのは、顎全体を入れ歯で覆う事で、顎の歯肉に入れ歯が吸い付くように密着するところです。ウォーターフィルム現象を利用して密着が得られるように設計します。

残っている歯を入れ歯の中にしまい込む形にする

レジリエンツテレスコープ義歯

残っている歯を入れ歯の中にしまい込む形にすることで、歯の無いところで噛んでも、歯のあるところで噛んでも、どこで噛んでも同じように噛めます。残っている歯は入れ歯が動かない様に固定してくれる役目をしてくれるので、入れ歯が緩みにくく、入れ歯と歯肉の間に空気が入りにくいことで、入れ歯の密着性が高めることができます。これで、入れ歯が落ちにくくなります。

そして、どこで噛んでも顎全体に噛む力(咬合力)が分散するような設計になっているので、噛んでも中の歯が痛くなることはありませんし、歯だけに力がかかる事もありません。

装着後

レジリエンツテレスコープ義歯をはめたところ

上下共に数本の歯しか残っていなくても、しっかりとしたきれいな歯になり、よく噛めます。このように、クラスプ(バネ)入れ歯の構造では、1−3本しか歯が残っていないことが入れ歯の安定性に不利に働いてしまうのですが、テレスコープ入れ歯の場合、1本でも歯が残っていることは、入れ歯が動きにくくなる重要な要素になり、有利に働きます。そして、テレスコープ義歯のもう一つの利点は、入れ歯を作った後、将来的に残っている歯を抜く事になったとしても、入れ歯は簡単な修理だけで引き続き使う事が可能です。なので、今作るのがもったいないではなく、今より悪化するのを待ってから治療をするのがもったいないです。

なるべく早く治して、その後、長く使っていただける入れ歯だと思います。痛くなく、なんでも噛める事は、健康への一番の近道です。

そして、みんなと同じものが食べれる喜びは、その後の生活を豊かにしてくれると思います。

この入れ歯は就寝時も含めて、24時間はめておく義歯です。外すのは、朝、晩の歯磨きの時だけです。残っている歯にかかる負担が軽減するため、耐久年数も長くなります。治療後に数ヶ月ごとの定期検診と、歯のクリーニングをしていただくと、歯の心配をする必要がなく日々が過ごせます。

このように、ドイツ式のテレスコープ義歯は手術の必要がない安全な治療で、他の方法に比べて耐久年数の長いのが特徴の入れ歯です。

まずは、入れ歯のご相談からご予約をお受けしていますので、ご連絡ください。

image_001.gif

PAGETOP