ドイツ式の高性能部分入れ歯 テレスコープ義歯、上下かみ合ったお口の型取りから作るよく噛めて、痛くない性能のよい総入れ歯が専門です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • レントゲン検査

タグ : レントゲン検査

お口の中全体の治療が必要な患者様の場合は…

なん度、歯の治療を受けても、暫く経つとまた同じ症状が出る…歯を良くしたくて治療を受けているが、一向に良くならない…

実は、1本の歯を数度となく繰り返し再治療することは、歯にダメージが加わるため、治療回数が少ない方が、歯の耐久年数には有利に働きます。

治療ゴール(目標)を事前に計画してから、治療をスタートする計画治療ってご存知ですか?

当院では1度治療した歯を、その後長く使っていただきたいので、治療前検査をお薦めしています

治療前検査の項目として、模型による咬み合わせの検査とレントゲン検査を行っています。この検査により、お口の中のどの部分に問題があるのか(原因)、治療期間、治療費用、治療方法を事前に計画しますので、治療のゴールが見えた状態で、安心して治療が受けられます。また、このような計画的な治療方法で、治療終了後に歯が急に痛む、腫れるというトラブルが格段に減ってきます。

日本ではまだまだ少ない方法ですが計画的な治療を行うことにより、その後の定期的な予防処置を受診なさっていれば、歯を治す機会はかなり減るはずです。

計画治療のメリット

治療前に治療のゴールが決まるので…

  1. 事前に治療回数や治療期間が計画できる。
  2. 歯がどんな風に治るのかを事前にイメージできる。
  3. 治療費用が事前に分かるので安心。
  4. 治療終了後は、お口の状態を保つ為の定期的なチェックとクリーニングで良い。

初診からの治療の流れ

来院1回目

治療の相談でご予約下さい。その場合は、当院での治療方法や治療方針等を先にご説明しています。その後、希望があれば、治療前の検査等を行います。

来院2回目

治療計画の説明。治療期間、治療内容、治療費用についての説明と話し合いをします。治療計画に同意なさった患者様は、ここから治療がスタートします。

*なお、応急処置が必要な場合は、一番最初に応急処置をしています。

PAGETOP