ドイツ式の高性能部分入れ歯 テレスコープ義歯、上下かみ合ったお口の型取りから作るよく噛めて、痛くない性能のよい総入れ歯が専門です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 入れ歯

タグ : 入れ歯

ドイツ式の取外せるブリッジをご存知ですか?

ブリッジってご存知ですか?

105-1.jpg

一般的な歯のブリッジとは、歯を2−3歯欠損した場合に行う治療方法です。欠損歯の前後の歯を利用し、欠損歯を含めて数歯の歯が繋がった被せ物です。この治療方法は、歯を欠損しても被せ物を被せるだけで欠損部位が治るので、見た目には歯が元通りある状態に治りますし、バネの入れ歯のようにカタついたり、外れる心配のない治療方法です。

103-1.jpg

しかし、全ての場合にブリッジ治療が出来る訳ではなく、欠損した歯の数が多い場合や最後方奥歯を欠損した場合など場合によっては、通常の固定するタイプのブリッジ治療ができない場合もあります。ブリッジ治療が難しい場合、選択肢として一般的には、バネ式の入れ歯かインプラントになります。

そんな場合の第3の選択肢として、ドイツ式の取り外しのきく『ブリッジ』をご存知ですか?

この『取り外せるブリッジ』は、ドッペルクローネ(テレスコープシステム)と言ってドイツのトュービンゲンを中心として盛んに行われているドイツではとてもよく知られた治療方法です。

治療の特徴としては、通常の固定式のブリッジでは治療が不可能な奥歯が欠損した場合や欠損した歯が多かったりする場合でも、ドッペルクローネは応用範囲が広いため、治療が可能です。そのため、バネ(クラスプ)の入れ歯に抵抗感のある方やインプラントに不安感のある方にも安心して受け入れていただける治療方法です。

ドッペルクローネで治療するメリット

1. ブリッジの治療が出来ない歯の状態でも、この治療が可能な場合も多く、応用範囲が高い。

2. 入れ歯に抵抗感のある方にも安心。

3. 残っている歯を利用する治療方法なので、インプラントのように手術の必要がない。

4. 取り外すのは、歯磨きの時だけ。あとは24時間はめておけるので、他の人には気付かれません。

このドッペルクローネ(テレスコープシステム)は、応用範囲がとても広く、様々な歯の状況に応じて治療のご提案が可能なので、どんな歯の状況においても『取外せるブリッジ』から『しっかり固定される入れ歯』タイプのものまで装置のデザインが可能です。その方の歯の状況によって、治療と装置のデザインはカスタマイズ出来ます。

是非、この質の高い『取外せるブリッジ』について治療のご相談からご連絡ください。どのような治療方法が可能かをご提案させていただきます。

まずは治療のご相談から、お気軽にどうぞ。

湘南歯科医院 紹介院長

歯科医師 奥山千恵

歯科医師 奥山千恵

【略歴】

・日本歯科大学歯学部卒業
・同大学 歯科保存科 在籍
・湘南歯科医院 父の元で勤務
・現在、同医院 院長

【所属団体】

日本顎咬合学会 認定医
European Prosthodontic Association(ヨーロッパ補綴学会)会員
International Association for Dental Reseach (IADR)会員
IPSG包括歯科医療研究会会員(スタディーグループ)

祖父、父、私と日本歯科大学を卒業し、三代に渡って茅ヶ崎で歯科医師をしています。祖父は昭和37年、茅ヶ崎南口の駅前で「奥山歯科医院」をスタートしました。父が茅ヶ崎市出口町へ「湘南歯科医院」を移転し、現在、私が院長を引き継いでいます。

当院はドイツ式の義歯治療を専門としている歯科医院です。義歯を専門にしている歯科医院でしか出来ない入れ歯は、他とは二味違う入れ歯です。

入れ歯を専門に治療して感じること

入れ歯に関する悩みをお持ちの方がこんなにも多くいらっしゃるのかと日々感じます。30代でも入れ歯の悩みを抱えている方が、たくさんいらっしゃいます。初めてご相談にいらした時は不安でいっぱいなお顔でも、治療が進み、徐々に噛めるように回復してくると、だんだん性格まで明るくなっていきます。「新しく仕事や習い事を始めました。」…と報告を聞く事も珍しくなく、入れ歯は歯だけの問題ではない事をつくづく感じます。これからも、このような悩みを抱えた方々に、治療を通じてご協力できたら嬉しく思います。

私達が目指すのは、おもいっきり食べる、おもいっきり笑う、人と会うのが楽しみになる…ための治療

応急的に、とりあえず削って詰めて終了の治療では、歯は長持ちしません。かえって、何度も応急処置を繰り返す結果となり、何度も削られて…でもすぐに歯が悪化するので、このような治療形態を、お薦めしていません。

一度治療したら、その後長くその歯が使っていただける様に丁寧な治療をしています。治した後は、定期的なメンテナンスをすることで、何度も何度も再治療を繰り返すような負のサイクルを作らない事を目標にしています。

この様な治療をする為には、治療前のお口の中の各種検査を行うことと、治療前に治療の計画を立ててから治療をスタートする計画治療が重要です。

いかに治さなくてよいお口の環境を作っていくか=お口の健康と考え、予防歯科も重要視しています。それぞれの年代によって目指す治療の目標は違ってきますが、成長期の子供の治療では、歯を削って詰める治療よりは、フッ素を定期的に塗布しながらの定期的な見守りの方が重要だったり、哺乳指導も含めた健全な顎の発育が良い歯並びを作ることに、とても重要だったりします。大人の場合は、毎回半年後の検診に来院されるのであれば、初期の虫歯は削らずに、半年間虫歯が進まないようなお口の中の環境になっている事の方が重要だと思います。もちろん、治す必要が出てきたら、計画的な治療をお勧めしています。そして、一生自分の歯で過ごせる為のお手伝いをしたいと思います。

どの年代でも、共通したことは、治したら終わりではなく、治してからがスタートということです。治した後に、なん年もその状態が保つ事が出来て初めて「治療して、やっぱりよかった」と思えるのではないでしょうか。そんな息の長い医療を目指しています。

私が学術発表している意味

通常の治療を行う分には、知識も経験も足りているのかもしれません。でも、私が治療の他に、外に勉強しに行ったり、学会へ自分の診療の結果を発表しに行ったりしていることは、何になるのでしょう???

今、私が行っている治療は、今までに蓄えてきた知識と経験です。私はそこからまた、新たに良いものを探していきたいですし、そうして得た治療の結果が良ければ、それを多くの人に知ってもらう必要があると思います。そうやって行くことで、医療がより良くなったり、自分の治療がより良くなったりするのかな…と思います。なので、一つの方向を向いたままではなく、一見、治療とは関係ない学術発表だったりしますが、こういう違う面での活動が治療をより豊かなものにしてくれると思っています。

かめる入れ歯とかめない入れ歯・・・何が違う?

「今の入れ歯では、噛めないんです」とおっしゃっている方の入れ歯を見せて頂くと、いくつかの問題点があります。

  • 入れ歯がゆるくて、お口の中で噛む度にカタカタ動いてしまう
  • 咬み合わせが合っていないため、咬む度に入れ歯が歯肉に食い込んで痛くて噛めない
  • 食事中に、ゴマのような細かい食べ物が入れ歯の中に入り込んで、痛くて噛めない
  • 顎の骨が薄い、顎の骨の形が平らな為に、入れ歯が安定しない

このようなお悩みが多いです。

かめる入れ歯を作る為に、当院が何を変えているのか。

1) 入れ歯を作る工程が違うので、顎の歯肉に吸着(吸いつく)入れ歯

従来の入れ歯の作り方は、上の歯の型取りと、下の歯の型取りを別々に行い、入れ歯を作る工程の途中で、後から歯の咬み合わせを合わせます。上と下の歯の型取りと歯の咬み合わせは一緒のタイミングで同時に取らないと精密に合う入れ歯は出来ません。上の歯型取り、下の歯型取り、そしてこれらの上下の噛み位置の記録、これらをそれぞれ別々に取ることで、上と下の入れ歯のかみ合せにズレが生じやすく、入れ歯をかみ合せた時の上顎と下顎の歯型の位置もズレが生じやすくなります。

上と下の入れ歯でカチッとかんだ時に、歯の咬み合わせと上下顎の型取りがピッタリ合っていない入れ歯は、痛みが出たり、カタついたりします。

当院の作り方は、従来の日本の方法と違い、ドイツ式の新しい方法です。
当院の入れ歯の源流はヨーロッパにあり、その治療方法がドイツで改良され、また時代とともに進化してきた方法です。独特なのは、上下顎の型取りの時に、歯の咬み合わせ(上下顎のかみ合せ)を一緒に、お口の中で同時に取る方法で、これは一般的な日本の入れ歯の作り方と大きく違う方法です。(この方法は歯が1本も無くてもできます)

この歯の型取り法により、お口の中で食べ物を噛んだ状態にして、その時のかみ合わせと上下顎の型取りを入れ歯に再現して作っています。そうすることによって、入れ歯がかみ合った時に、入れ歯の下の歯肉(顎)も同時にピッタリ合った形を再現する事が出来ます。

 

2) 入れ歯の大きさが顎の大きさと一致しているので、顎を動かしても、緩んだり、カタつきにくい入れ歯です。

従来の入れ歯の大きさや形は、実際の顎の形よりもとても小さいものが多いです。総入れ歯は、顎の形よりもちょっとでも小さいと入れ歯と入れ歯の下の歯肉の間に空気が入り、ぴったり吸い付きません。吸着しない、小さい入れ歯は、食べ物を食べている間にお口の中で食べ物と一緒になって踊りだします。このような状態だと、入れ歯がはがれる事で、噛めば噛むほど入れ歯に押された歯肉は痛くなり、噛めません。

当院の入れ歯は、入れ歯の下の歯肉と入れ歯の外側と内側から頬、舌、口唇の筋肉で密着させて、隙間を作りません。その為、食べ物を食べた時に入れ歯が動くような隙間が無いので、入れ歯が動くことがありません。入れ歯の歯肉部分(入れ歯の床)とご自分の歯肉、筋肉がピッタリ隙間ない形でフィットしていなければ、当然、入れ歯は吸い付きませんし、吸着していなければ入れ歯は動きます。

そして、とても難しいのは、入れ歯でかんだ時に働く筋肉の形とお口を開いた時に働く筋肉の形はだいぶ違うので、その両方の形ピッタリに合っている形の入れ歯でないと、ずっとお口の中で顎に吸着した快適な入れ歯は出来ません。この技術がとっても難しいものなんです。この良し悪しで、入れ歯の性能はかなり違ってきます。

お口の中にぴったり合っている入れ歯は、歯肉の下の顎の骨の形を変形させないため、10~20年は充分に使っていただけます。

同じ方の入れ歯の違い

2つの入れ歯は、同じ方の入れ歯です。写真左が当院でお作りした入れ歯です。写真右は以前使用していた入れ歯です。

一括りに入れ歯と言っても、入れ歯の大きさや形、歯並びはこんなに違いがあります。この違いが技術の違いだと思ってください。

ぜひ、当院自慢の吸いつく、かめる入れ歯を体感してください!

まずは、メールまたは電話でご相談ください。

TEL:0467-86-1226

PAGETOP