ドイツ式の高性能部分入れ歯 テレスコープ義歯、上下かみ合ったお口の型取りから作るよく噛めて、痛くない性能のよい総入れ歯が専門です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 噛める

タグ : 噛める

人前でしゃべる時、入れ歯だと思われたくない

このようなお悩みをお持ちの方は、歯が外れないようにブリッジという固定式の何本かつながった被せものやインプラントでないと、人前で歯がカタカタ緩んだり、外れてしまうのではないかと心配ですよね。

もちろん、残っている歯の状態によっては、ブリッジで外れない被せもので治すことも可能です。

下の写真はブリッジで治療した方の治療前(左側の写真)と治療後(右側の写真)の写真です。

歯の治療前ブリッジによる治療ブリッジによる歯の治療

もし、ブリッジのような方法が難しい場合は、当院ではテレスコープ義歯をお奨めしています。

ひとえに入れ歯と言っても、お口の中でカタカタ動いて、外れやすい入れ歯もあれば、しっかりと歯にカンヌキのような鍵をかけて止めるので、お口の中でピッタリ動かず、外れにくい入れ歯もあります。

テレスコープ入れ歯テレスコープ入れ歯リーゲルテレスコープ義歯

写真の入れ歯は、リーゲルテレスコープ義歯といい、左側の写真の中側に見える金属が鍵の役割をしているレバーで、外したい時は、このようにレバーを外側に引き出すと外せます。普段、義歯をはめている時には、レバーは閉じてお口の中で固定する役割があります。

この他にも、テレスコープ義歯には、いくつかタイプがあり、その方の歯の状態、残っている数によって装置の形は色々あります。この入れ歯は、外せる装置ではありますが、外すのは歯磨きの時だけで、その他は就寝時もはめたまま使用できます。その為、家族にも歯を外した顔は見せなくてすみます。

PAGETOP