ドイツ式の高性能部分入れ歯 テレスコープ義歯、上下かみ合ったお口の型取りから作るよく噛めて、痛くない性能のよい総入れ歯が専門です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 歯並び

タグ : 歯並び

湘南歯科医院 紹介院長

歯科医師 奥山千恵

歯科医師 奥山千恵

【略歴】

・日本歯科大学歯学部卒業
・同大学 歯科保存科 在籍
・湘南歯科医院 父の元で勤務
・現在、同医院 院長

【所属団体】

日本顎咬合学会 認定医
European Prosthodontic Association(ヨーロッパ補綴学会)会員
International Association for Dental Reseach (IADR)会員
IPSG包括歯科医療研究会会員(スタディーグループ)

祖父、父、私と日本歯科大学を卒業し、三代に渡って茅ヶ崎で歯科医師をしています。祖父は昭和37年、茅ヶ崎南口の駅前で「奥山歯科医院」をスタートしました。父が茅ヶ崎市出口町へ「湘南歯科医院」を移転し、現在、私が院長を引き継いでいます。

当院はドイツ式の義歯治療を専門としている歯科医院です。義歯を専門にしている歯科医院でしか出来ない入れ歯は、他とは二味違う入れ歯です。

入れ歯を専門に治療して感じること

入れ歯に関する悩みをお持ちの方がこんなにも多くいらっしゃるのかと日々感じます。30代でも入れ歯の悩みを抱えている方が、たくさんいらっしゃいます。初めてご相談にいらした時は不安でいっぱいなお顔でも、治療が進み、徐々に噛めるように回復してくると、だんだん性格まで明るくなっていきます。「新しく仕事や習い事を始めました。」…と報告を聞く事も珍しくなく、入れ歯は歯だけの問題ではない事をつくづく感じます。これからも、このような悩みを抱えた方々に、治療を通じてご協力できたら嬉しく思います。

私達が目指すのは、おもいっきり食べる、おもいっきり笑う、人と会うのが楽しみになる…ための治療

応急的に、とりあえず削って詰めて終了の治療では、歯は長持ちしません。かえって、何度も応急処置を繰り返す結果となり、何度も削られて…でもすぐに歯が悪化するので、このような治療形態を、お薦めしていません。

一度治療したら、その後長くその歯が使っていただける様に丁寧な治療をしています。治した後は、定期的なメンテナンスをすることで、何度も何度も再治療を繰り返すような負のサイクルを作らない事を目標にしています。

この様な治療をする為には、治療前のお口の中の各種検査を行うことと、治療前に治療の計画を立ててから治療をスタートする計画治療が重要です。

いかに治さなくてよいお口の環境を作っていくか=お口の健康と考え、予防歯科も重要視しています。それぞれの年代によって目指す治療の目標は違ってきますが、成長期の子供の治療では、歯を削って詰める治療よりは、フッ素を定期的に塗布しながらの定期的な見守りの方が重要だったり、哺乳指導も含めた健全な顎の発育が良い歯並びを作ることに、とても重要だったりします。大人の場合は、毎回半年後の検診に来院されるのであれば、初期の虫歯は削らずに、半年間虫歯が進まないようなお口の中の環境になっている事の方が重要だと思います。もちろん、治す必要が出てきたら、計画的な治療をお勧めしています。そして、一生自分の歯で過ごせる為のお手伝いをしたいと思います。

どの年代でも、共通したことは、治したら終わりではなく、治してからがスタートということです。治した後に、なん年もその状態が保つ事が出来て初めて「治療して、やっぱりよかった」と思えるのではないでしょうか。そんな息の長い医療を目指しています。

私が学術発表している意味

通常の治療を行う分には、知識も経験も足りているのかもしれません。でも、私が治療の他に、外に勉強しに行ったり、学会へ自分の診療の結果を発表しに行ったりしていることは、何になるのでしょう???

今、私が行っている治療は、今までに蓄えてきた知識と経験です。私はそこからまた、新たに良いものを探していきたいですし、そうして得た治療の結果が良ければ、それを多くの人に知ってもらう必要があると思います。そうやって行くことで、医療がより良くなったり、自分の治療がより良くなったりするのかな…と思います。なので、一つの方向を向いたままではなく、一見、治療とは関係ない学術発表だったりしますが、こういう違う面での活動が治療をより豊かなものにしてくれると思っています。

医院案内

湘南歯科医院 外観

湘南歯科医院は、お家のような病院です。

当院では、患者様お一人お一人の生涯を通じたお口の中の健康作りをお手伝いしています。

折角、治すのであれば、一度しっかり計画的に治療して、治療後は再度悪くならない様にケアをして大事に長く使っていくことをお薦めしています。

人生の最後の時まで自分の歯で過ごせるような丁寧な治療を行っています。

⇒院長紹介はこちら

湘南歯科医院の院内設備

《 ドイツKaVo社のユニットでより安全性の高い治療を提供 》

よく病院では、ズラッと薬品のガラスの小瓶が並んでいて、薬のにおいが病院中にしていますが、当院ではいわゆるこれらの劇薬などは使用していません。

病院独特のお薬のにおいがしない病院です。

これらの劇薬類は、患者様の体にとってはアレルギーを引き起こし易くなりますし、妊婦の方には使用できない薬も多いです。当院では、妊婦の方だけが避ければ良いのではなく、全ての人に使用しない方が良いとの考えから治療に使用していません。

このような薬品類を使用しない代わりに、ユニット(診療用チェアー)は医療先進国ドイツのカボ社製のものを使用することで、診療の安全性や精度を上げています。

ドイツ国内でも、大学病院をはじめ、多くの病院でこのユニットが採用されています。また、ユニットだけでなく、歯科用の器機の多くはカボ社製が採用されています。性能の高さと、このメーカーにしか無い機能が沢山あることが理由です。

unit2.jpg

このユニットの特徴は、器機から出てくるお水は全て体温と同程度の温度管理がされており、歯が感染しない様に消毒された清潔なお水が出てきます。

こういうお水を使って歯を削ってあれば、削った歯は感染しないため、治療後、歯が悪化するリスクが低いです。

また、歯を削る機器は一分間に38万回転という高速で回転している為、たっぷりとお水を歯にスプレーしながら削らなければ、すぐに歯は火傷を起こしてしまいます。削った時に歯の神経が火傷をすると、治療後に歯が痛くなったり、しみたりしますが、このたっぷりのお水を掛けながら削る機械なので、歯の安全性がより高く保てます。この様に治療することで、削った歯でも治療後長持ちします。他にも、当院では多くのカボ社製品を使用しています。

F-005.jpg

顎関節症の検査を精密に行える機器「ディグマ2」、虫歯の深さを検査する機器「ダイアグノデント」(予防の項目でご紹介しています)、噛み合わせを検査したり、精密な歯の装置を作る為の機器「プロター7」「プロター9」などが、当院での使用機器です。

これらの機器を使用することで、患者様の歯を治療する際には、より安全で精度を高くすることができ、劇薬類を使用しなくてもよい治療を実現しています。

ヨーロッパ基準をクリアする消毒システムで安心

湘南歯科医院では、いらした患者様へ安心して診療を受けていただくため、クラスBオートクレーブを使用して器具の滅菌をしています。

消毒システム

クラスBオートクレーブは小型高圧滅菌器のヨーロッパ基準(EN13060)で「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」機械の事です。

さらに、LISA(左写真)は今までの歯科で使用されている滅菌器よりさらに厳しく、医科で使用されている大型滅菌器の規格(EN285)に準じた滅菌が行える機械です。

消毒した器具

このように、器具をパッキングしたまま滅菌し、お一人ずつ器具を使用する直前に開封しています。

患者様のプライベートを守る個室完備

個室の診療室が2部屋

個室の診療室が2部屋です。

お口の中の悩みは、他の人には知られたくないプライベートなことです。

当院では診療室内の会話や治療内容が待合室にも届かないようになっていますので、安心して相談から治療まで受診していただけます。

診療室が2部屋の理由は、すべての患者様を最初から最後まで、院長が拝見させていただきますので、丁寧な診療を行うにはこれ以上の部屋は必要ないです。

湘南歯科医院の院内のご紹介

staff02.jpg

当院の院長とスタッフです。ささいなこともお気軽にお声がけ頂けたらと思います。

014-2.jpg

こちらが湘南歯科医院の入り口です。

楽しい気持ちで医院内へお入りいただけるよう、小鳥や葉っぱのモチーフを取り入れた扉が皆さまをお迎えします。

047.jpg

医院の入り口前には、季節によって色とりどりの花が咲いています。

中に入る前にお花を楽しんで頂けると嬉しいです。

046.jpg

入り口を入ると待合室、受付があります。

待合室には、先代の院長が撮った写真や絵を飾っています。

マクロ撮影が得意だったので、昆虫や花が大きく写っています。よくぶれずに動く鳥や昆虫が撮れていると、感心してしまいます。

時々、模様替えの様に絵や写真を変えたりしています。

067.jpg

中央の額は、現院長が顎咬合学会からいただいた「咬み合わせ認定医」の認定証です。

時計は長野に住んでいる作家さんが作ったもので、この丸い形は月を表しているようです。上の部分は、木や家々が並んで彫刻してあります。

木でできていて、とても物語のある時計でお気に入りのものです。

歯のお悩み、お気軽にご相談頂けたらと思います。お家の様な診療所でみなさまのご来院をお待ちしております。

治療のしかた

お口の中から取りはずせる装置のことを義歯と言いますが、ご高齢の方が使用しているようなイメージがあり、抵抗感をお持ちの方も多いかもしれません。義歯には性能の善し悪しにとても差があります。お口の中で緩み、カタカタ動きやすい入れ歯から、硬いパンでも痛くならずに、よく噛めて、緩みにくい入れ歯もあります。

ドイツ式のテレスコープ義歯は、しゃべっていて入れ歯が緩む心配がありません!
合わない義歯を使用していると、噛めないことで筋肉が減りお顔のシワが多くなったり、入れ歯の高さが合わないことで老けた印象になってしまいます。その点、よく噛めて、精密にお口に合わせた義歯は、お顔の印象も若くなります。

歯が、1~2本しか残ってないから、どーせ…良くならないわ。
良くならないなら、もっと悪くなるまで放っておこう…なんて諦めていませんか?

通常、入れ歯治療の場合、歯が数本しか残っていない場合の治療がとても難しく、この状態でお口の中でピッタリフィットして、緩みにくい入れ歯を作るのは至難の技です。

ピッタリご自分に合った義歯を入れることで、1~2本しか残っていないご自分の歯でも、噛めるように、そして歯を抜かずにすみます!
この、ピッタリご自分のお口の中に合った入れ歯を作る技術がとても難しいのですが、当院ではお口の中で上下の歯と歯がかみ合った状態の特殊な型取りを行ってお口の中の形の再現性を高めています。この技術によって痛くない!噛める!外れにくい精密な義歯を作っています。

治療の途中、お口の中で噛んだ状態の型取りをする事によって、噛んだ状態を再現した義歯を作ります。

お口の中で噛んだ状態の型取り1お口の中で噛んだ状態の型取り2

治療を始める前はこの様な感じのお口の中の状態でした。

治療前

テレスコープ治療を行うと、下の写真の様に自然なお口元に改善します。

よく噛める義歯 治療後

針金の留め具を一切使っていないので、よく噛める、カタカタ緩まない義歯です。当院では、歯が0本でも、1~2本しか残っていなくても、どのような状態でも、治療の対応が可能です。

入れ歯の歯並びまで院長が製作

一般的に病院では、これからご紹介する入れ歯の製作工程は技工士さんが作っています。しかし、当院では院長がお一人、お一人に似合った歯並びをお作りしています。

その理由は、実際にお口の中やお顔を拝見している院長が作った方が、その患者さんに似合った口元、歯並びに作れるからです。全て同じ既製品のようにならず、よりその方らしい口元が演出できます。

不思議と同じような工程で作っても、患者さんにお会いしたことのない技工士さんが作るものと、歯科医師が作るものでは、入れ歯をはめた時の口元や歯並びのリアル感は、全く違うものになります。

より満足度の高い、見た目もよく、よく噛める入れ歯を提供しています。

233-2.jpg227-1.jpg

1) まずは、上顎、下顎の歯型をそれぞれ別々に取ります。

この模型を使って、上下歯と歯がかみ合った状態の歯型を取るためのトレーを作ります。

265-2.jpg

2) これが模型にトレーがはめてある状態です。

上下顎の歯と歯がかみ合った状態を一緒に型取りする方法なので、かみ合う形にトレーを作っていきます。

278-1.jpg

3) 2) のトレーを使って、患者様のお口の中の型取りを上下顎同時に行いました。この歯型取りの方法の良いところは、上下顎の歯と歯がかみ合ったところの型が取れる事と、頬や口唇の型も取れるので、お口の中に大き過ぎず、小さ過ぎず、ぴったりフィットする入れ歯が作れることです。

299-1.jpg

4) 上下顎がかみ合ったところの歯型から、上下顎の模型を作ります。その他、頬や口唇のふくらみもこの型から模型を作ります。

入れ歯は、このブルーのお口の型の大きさや形と一致させます。

324-1.jpg

5) 上下顎の模型が④の歯型から出来たところです。

350-1.jpg

6) ここからいよいよ入れ歯を作っていきます。

まず、ベースになる板状のプラスチックのフレームを上下顎の歯型に合わせて作ったところです。

387-1.jpg

7) ピンクの部分が、上顎の入れ歯の歯を並べる位置です。歯を並べる位置は、白い模型が口唇の模型なので、この位置とぴったり合わせます。これが合っていると、入れ歯でも、お口を閉じた時の顔の輪郭がとっても自然に見えます。

400-1.jpg

8) 口唇の模型の輪郭に合わせて上の前歯の歯並びを作ったところです。

426-1.jpg

9) 下の奥歯の歯並びは、左右の顎の関節に合わせて、顎運動をしやすいような弧を描いた歯並びを作っていきます。

427-1.jpg

10) 下の奥歯の歯並びに合わせて上の奥歯の歯並びも作っていきます。これを左右行っていくと・・・

434-1.jpg

11) 下の前歯を抜かして、全部歯が並んできます。

460-1.jpg

12) 最後に全部の歯を並べて、歯肉の部分の形も歯型に合わせていくとこのような形になります。

ここまで作ってくると、作りながら患者様の顔が浮かんできて、その方の口元に合っているかどうかが、イメージ出来てきます。

ここまで作ったものを、実際に患者様にいらしていただきた時に、お口の中で仮合わせをして、

・歯並びが口元の印象に合っているかどうか

・しゃべってもらって、発音がきっちりできているか、発音チェック

・上下の歯と歯のかみ合せが合っているかどうか、かみ合わせチェック

など色々とチェックをします。合わない項目があれば、その場で歯並びの修正をしたりもします。

この仮合わせがOKだったら、次に入れ歯は完成です。

ですから、早ければ4回の来院で総入れ歯が出来上がります。

でも、早いからと言って、簡単に作っているわけではなく、このような様々な複雑な工程を時間をかけて作り上げているんです。

湘南歯科医院へのアクセス

【住所・連絡先】

〒253-0028
神奈川県茅ケ崎市出口町3-33
TEL:0467-86-1226

【アクセス】

■電車とバスでのアクセス

《電車》

JR東海道本線 辻堂駅 または 茅ヶ崎駅で下車

《バス》

辻堂駅 南口から[辻12]茅ヶ崎駅南口行き(若松町経由)に乗り「ひばりが丘」で下車
茅ヶ崎駅 南口から[辻12]辻堂駅南口行き(若松町経由)に乗り「ひばりが丘」で下車

「ひばりが丘」バス停より徒歩2分

■お車でのアクセス

桜道沿い、ひばりが丘交差点を入ってすぐです。
診療所の前面に、3台分駐車スペースがあります。

顎関節症の治療の流れ

顎関節症の治療

STEP1:問診

今までの状態や経過についてお聞きします。

STEP2:姿勢の観察

顎関節症は顎だけに症状があるとは限りません。首の張りや肩こり、腰の痛みから姿勢に影響を及ぼしますので姿勢を観察します。

STEP3:口腔内外の検査

顔や口の中を詳細に診査して原因を調べます。特にかみ合わせから生じる様々な症状をキャッチします。また、顎のゴリゴリという雑音やカックンという音を調べます。

STEP4:X線診断

歯並びや顎全体が診断できる断層写真撮影を行い、原因や治療方法を立案します。

STEP5:模型診断

歯並びやかみ合わせを診断するために顎の模型を作り、それを顎の動きを模似する精密な咬合器に付け咬合診断を行います。

STEP6:顎運動診断

顎の動きをコンピューターを使って分析し、治療前後を比較して治療効果を客観的に評価します。

STEP7:咬合調査

明らかにかみ合わせが原因であると判明した場合は、かみ合わせの調整を行います。そして顎のバランス調整を行う治療をします。

STEP8:スプリント療法

上下の歯の間に顎のリラックスを目的としたマウスピースのような装置をはめたり、顎の位置を治療するための装置をはめたりする療法です。

STEP9:薬物療法

顎の関節が痛かったり、筋肉が緊張している場合には、対症療法として薬物の投与を行い症状を軽減します。

STEP10:庭療法・ 理学療法

顎関節症には患者様にもご協力をお願いし治療に導きますので、ご家庭でもマッサージや局部の温熱療法を行い快方に導きます。

☆顎関節症の治療について

顎関節症を引き起こす原因は決して1つではありません。いくつかの要因が合わさって発症するケースがとても多いのです。

顎関節症を治すには、まず思い当たる要因を思い返して、原因を解消することが必要です。

気になる場合は、1度歯科医院でチェックしてもらいましょう。

その際は、顎関節症や咬み合わせを専門に診療している歯科医院を受診するのがよいです。

当院では、お口が開きにくい症状も、 歯のかみ合わせの治療での改善を行っています。外科処置が必要な場合はほとんどありません。

*いつ頃から、子供の検診を始めればいいの?

赤ちゃんは、生後6ヶ月ころから歯がはえ始めます。

哺乳の時期が短かったり、哺乳瓶の口の形が良くなかったり…. ということがあると歯がはえ始めてすぐでも、歯並びが乱れている事もあります。

こういう場合には、早い段階でご相談頂くのが良いと思います。

また、寝ている時にお口を開いているお子さんは、お口の中が乾燥して、乾燥していると虫歯は出来やすくなるので要注意です。お口を開いているのも原因があります、ご相談ください。

0歳から3歳を過ぎるまでは赤ちゃんのお口の中の菌の種類が少ない為に、一度虫歯の菌に歯が感染すると増殖力の高い虫歯菌は一気に増えて、虫歯が増えやすい時期なので要注意です。少しでも虫歯が疑わしい時は受診することをお薦めします。この時期の治療は、ほとんど歯を削ったりということはしません。それ以上広がらない為の予防処置と、お家の人に気を付けて頂きたい虫歯を増やさない為の環境作りについてをお話しています。

特に、歯並びに問題はなく、虫歯も出来ていなければ、ブクブクうがいが出来るようになる3才前後から、歯科での定期的なフッ素塗布をして、虫歯の予防をすることをお薦めします。

▲小児のTOPへ

*初めての子供の検診/治療はどのような事をするの?

大人でも緊張してしまう歯科治療。保護者の方が構えてしまうと、その雰囲気は子供に伝わり、子供もドキドキ緊張してしまいます。

当院では、まず、

●病院にリラックスして来られるように! 

診療台に坐る事に慣れるように!

というところから、始めていきます。

初めは怖がっている子も、だんだん慣れて、治療中泣く子は、ほとんどいません。
治療内容に関しましては、その子の出来る範囲の治療を、子供のペースに合わせて行っています。

▲小児のTOPへ

*乳歯の治療って、特殊?

当院では、乳歯の虫歯治療に関しては、歯をほとんど削りません!

これは、乳歯の治療の目標が “永久歯に虫歯を移さない治療” だからです。

乳歯は、永久歯と比べて小さいため、虫歯を削って、詰める治療をすると、あっという間に歯の神経まで虫歯が進行して、結果、神経を取る治療にまで至ってしまう事と、子供は永久歯へのはえ換わりの時期に、歯ぎしりをよくするので、大人と違って、詰め物がよく取れたり、壊れるので、これを放置する事で、繰り返し虫歯になり易いのです。

当院では、虫歯でカルシウム分が溶け出している部分に、濃度の濃いフッ素を繰り返し浸透させる事で、虫歯の進行を止めていく処置や、虫歯に詰めるお薬も、フッ素が含まれているものを使用し、お薬がジワジワ虫歯に作用して、虫歯の進行を止めてくれるような処置を中心に行っています。

この治療法の方が、歯を削って詰める処置よりも、虫歯の進行が食い止められます。

もちろん、治療が終了した後も、4~6ヶ月に一度くらいの虫歯のチェックとフッ素塗布は、お口の中の健康を保つ為にも、とても重要です。

乳歯の虫歯には、急性タイプのものが多く、急性の虫歯は、虫歯の部分も白い虫歯で、見つけ難く、数ヶ月のうちに大きく進行するからです。

▲小児のTOPへ

*子供のかみ合わせをよくするには

最近、1才を過ぎたくらいの小さなお子様でも、既に歯並びが悪く、歯が重なってはえていたり、上下の歯のかみ合わせが反対になっていたり、下の歯が、上顎の歯肉に食い込むようにはえていたり….というのは、珍しくありません。
これは、哺乳時期に問題があったことがほとんどです。離乳時期が早かったり、哺乳瓶の口の形が正しい形のものを選択できていなかったり、指しゃぶりがあったり….ということが原因にあげられます。

小さい頃からのこのような問題は、歯並びを悪くするだけではなく、鼻炎等の鼻の病気をはじめ口呼吸の原因にもなりますし、全身の健康に関わってきます。当院では、正しい哺乳指導から、このような問題を改善するための筋機能訓練を行っています。そして、なるべく早い時期のに改善する事をお薦めしています。
まずは、ご相談ください。

▲小児のTOPへ

PAGETOP