ドイツ式の高性能部分入れ歯 テレスコープ義歯、上下かみ合ったお口の型取りから作るよく噛めて、痛くない性能のよい総入れ歯が専門です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 痛くない

タグ : 痛くない

かめる入れ歯とかめない入れ歯・・・何が違う?

「今の入れ歯では、噛めないんです」とおっしゃっている方の入れ歯を見せて頂くと、いくつかの問題点があります。

  • 入れ歯がゆるくて、お口の中で噛む度にカタカタ動いてしまう
  • 咬み合わせが合っていないため、咬む度に入れ歯が歯肉に食い込んで痛くて噛めない
  • 食事中に、ゴマのような細かい食べ物が入れ歯の中に入り込んで、痛くて噛めない
  • 顎の骨が薄い、顎の骨の形が平らな為に、入れ歯が安定しない

このようなお悩みが多いです。

かめる入れ歯を作る為に、当院が何を変えているのか。

1) 入れ歯を作る工程が違うので、顎の歯肉に吸着(吸いつく)入れ歯

従来の入れ歯の作り方は、上の歯の型取りと、下の歯の型取りを別々に行い、入れ歯を作る工程の途中で、後から歯の咬み合わせを合わせます。上と下の歯の型取りと歯の咬み合わせは一緒のタイミングで同時に取らないと精密に合う入れ歯は出来ません。上の歯型取り、下の歯型取り、そしてこれらの上下の噛み位置の記録、これらをそれぞれ別々に取ることで、上と下の入れ歯のかみ合せにズレが生じやすく、入れ歯をかみ合せた時の上顎と下顎の歯型の位置もズレが生じやすくなります。

上と下の入れ歯でカチッとかんだ時に、歯の咬み合わせと上下顎の型取りがピッタリ合っていない入れ歯は、痛みが出たり、カタついたりします。

当院の作り方は、従来の日本の方法と違い、ドイツ式の新しい方法です。
当院の入れ歯の源流はヨーロッパにあり、その治療方法がドイツで改良され、また時代とともに進化してきた方法です。独特なのは、上下顎の型取りの時に、歯の咬み合わせ(上下顎のかみ合せ)を一緒に、お口の中で同時に取る方法で、これは一般的な日本の入れ歯の作り方と大きく違う方法です。(この方法は歯が1本も無くてもできます)

この歯の型取り法により、お口の中で食べ物を噛んだ状態にして、その時のかみ合わせと上下顎の型取りを入れ歯に再現して作っています。そうすることによって、入れ歯がかみ合った時に、入れ歯の下の歯肉(顎)も同時にピッタリ合った形を再現する事が出来ます。

 

2) 入れ歯の大きさが顎の大きさと一致しているので、顎を動かしても、緩んだり、カタつきにくい入れ歯です。

従来の入れ歯の大きさや形は、実際の顎の形よりもとても小さいものが多いです。総入れ歯は、顎の形よりもちょっとでも小さいと入れ歯と入れ歯の下の歯肉の間に空気が入り、ぴったり吸い付きません。吸着しない、小さい入れ歯は、食べ物を食べている間にお口の中で食べ物と一緒になって踊りだします。このような状態だと、入れ歯がはがれる事で、噛めば噛むほど入れ歯に押された歯肉は痛くなり、噛めません。

当院の入れ歯は、入れ歯の下の歯肉と入れ歯の外側と内側から頬、舌、口唇の筋肉で密着させて、隙間を作りません。その為、食べ物を食べた時に入れ歯が動くような隙間が無いので、入れ歯が動くことがありません。入れ歯の歯肉部分(入れ歯の床)とご自分の歯肉、筋肉がピッタリ隙間ない形でフィットしていなければ、当然、入れ歯は吸い付きませんし、吸着していなければ入れ歯は動きます。

そして、とても難しいのは、入れ歯でかんだ時に働く筋肉の形とお口を開いた時に働く筋肉の形はだいぶ違うので、その両方の形ピッタリに合っている形の入れ歯でないと、ずっとお口の中で顎に吸着した快適な入れ歯は出来ません。この技術がとっても難しいものなんです。この良し悪しで、入れ歯の性能はかなり違ってきます。

お口の中にぴったり合っている入れ歯は、歯肉の下の顎の骨の形を変形させないため、10~20年は充分に使っていただけます。

同じ方の入れ歯の違い

2つの入れ歯は、同じ方の入れ歯です。写真左が当院でお作りした入れ歯です。写真右は以前使用していた入れ歯です。

一括りに入れ歯と言っても、入れ歯の大きさや形、歯並びはこんなに違いがあります。この違いが技術の違いだと思ってください。

ぜひ、当院自慢の吸いつく、かめる入れ歯を体感してください!

まずは、メールまたは電話でご相談ください。

TEL:0467-86-1226

PAGETOP