矯正治療の検査では、レントゲンの検査や歯の模型の検査、顎運動といって顎の動きを調べる検査などを行います。これによって、歯並びのどこが悪くなっているのか…とか、どうやって治療を行っていくかなど治療の計画を立てて行きます。

この結果より、下顎の親知らずを1本抜く事になりました。大学卒業してすぐの頃、下顎の親知らずを1本は抜いたのですが、その時に、痛みと一時的な頬の腫れたのが嫌で、続けて反対側の親知らずを抜くのを逃げた為、1本残っていた親知らずです…こんな事なら、あの時に頑張って抜いておけばよかった…後悔先に立たず…

私の下顎の親知らずは、2本とも横にはえていて、殆ど顎の骨に埋まっています。尚且つ、今回抜歯する歯の根元は、下顎管という神経と血管が集まっている管に接していたので、抜いた後に、この辺りの神経に麻痺などが起こる可能性があったので、抜歯するのがかなり嫌でした。とは言え、私も時には患者さんに抜く事を薦めている手前、私が抜かない訳にもいかないか…と言うこともあり、抜きました。

皆様には30歳になる前に、埋まっている親知らずでも抜いておく事をお薦めします。なぜかと言うと、私の様に埋まって生えている親知らずの場合、30歳以降は歯が顎の骨と骨癒着している可能性が高くなるからです。私の場合も、歯冠部(歯の上側半分)は骨癒着していました。その為、歯を抜く時に、歯を細かく割りながら、顎の骨から無理やり剥がしながら抜く様な感じで抜いてくれた先生も、私もかなり大変でした…抜いてくれた先生には大きな感謝です。