P9150455-1.jpg

今年のEuropean Prosthodontic Association(EPA)の学会は、ドイツのHalleのMartin-Luther-Universityで行われました。さすが、ヨーロッパは歴史が深く、マルティン・ルター…歴史に疎い私でも知っているような有名な思想家の名前が付いた大学なんて!と思いつつ、行ってきました。

Halleはベルリンから、高速鉄道で1時間半くらいの場所にある1200年以上前の佇まいを残す町並みだそうです。私が発表した建物の入り口です。普段は劇場として使われている様です。入り口に劇の予告か何かのポスターが貼ってありました。

P9150449-1.jpg

中の会場は、こんな感じの雰囲気で、自分の発表内容をポスターサイズに印刷したものを掲示します。今回、私はうちの病院でやっているテレスコープ義歯と顎関節症の治療の内容のポスターを作り、発表しました。

途中、1時間質問などを受ける時間があります。その時はホールにギュウギュウに人が集まってきて、いろんな方々から質問されたり、コメントをもらったりしました。私の発表に興味を持ってくれた方がジーーーッと文章を読みこんで、質問していってくれたり、一人の方は「この発表はあなたがやったの?」と英語で聞かれたので、「Yes」と答えたら、「スゴイ…」と日本語で言って去って行ったり…普段、歯科医師として仕事をしている私にとって、同じ分野の色々な人から、このような意見をもらったり出来る機会はとても貴重で、大事なことです。

P9160511-1.jpg

学会は3日間ありますが、初日にウエルカムパーティーがあり、廊下のような空間に学会の参加者がギュウギュウになって、色々な人と話をします。こういうところに来ているう方々は、結構フランクに話しかけてくれるのですが、よくよく話を聞くと〇〇大学の教授だったり…すごい人が多く、普段聞けないような色々な話が聞けて楽しい会でした。

IMG_1951-1.jpg

発表の前後には、幾つかの講堂で様々な講義がやっていて、アメリカの医療とはまた少し違うヨーロッパの医療をみることができました。やはり、世界はかなり進んでいて日本も進んでいるように見えても、まだまだ世界はその先へ進んでいて…色々なものを見たり、自分のやっている事に意見をもらったり、そのような事をしながら、医者として成長できればいいな…と感じた今回の学会でした。