ドイツ式の高性能部分入れ歯 テレスコープ義歯、上下かみ合ったお口の型取りから作るよく噛めて、痛くない性能のよい総入れ歯が専門です
投稿
  • HOME »
  • 院長ブログ

院長ブログ

院長ブログ

湘南歯科医院の院長、奥山が日々の出来事や気づいたことなどを綴ります。

なぜ、しょっちゅう奥歯の詰めものが取れるのかしら?

詰めもの、被せものが取れる原因にはいくつかあります。

  • 詰めもの自体が歯にぴったり合っておらず、ゆるみがある場合
  • 歯が虫歯になっている場合
  • 歯ぎしりがある場合

...など、など理由は様々です。

でも、繰り返しはずれては、再治療を繰り返すことで、かえって歯にはダメージが大きくかかり、歯が長持ちしなくなってしまうことも多いです。

本来、全てがきちんと合っていれば、少なくとも10年以上は使えるはずです。

当院では、このような症状でお困りの方や、きちんと歯が残るように治したい方には、どのような原因で悪化したのかなど詳しく検査をし、再治療を繰り返さない為の確実な治療をご提案しています。

気になる方は、電話にてご連絡ください。

虫歯じゃないのに歯がしみる、知覚過敏?!

歯がしみる原因には、いくつかあります。

虫歯や歯周病が一般的ですが、その他にも、くさび状欠損と言って、歯の根元がえぐれるように削れている場合や、歯ぎしりやくいしばりがある場合は、しみるどころか、痛みが出ます。この場合、虫歯、歯周病と違うのは、レントゲン写真の検査や視診(お口の中を直接見て判断する検査)をしても、それだけでは原因が判別しにくいところにあります。

食事の時に食べ物がしみてズーンと歯が痛くなるが、一般的な検査をしても異常がない場合、当院ではかみ合わせに問題ないかどうかを検査します。「かみ合わせが歯の知覚過敏と関係あるの?!」と思われるかもしれませんが、歯には咬合力(かむ力)がかっています。この咬合力はとても大きく、体重の何倍もの力があります。咬合力が毎日、歯をギュウギュウ押しています。

その為、左右の歯の高さが何ミクロンかズレているだけで、歯がひずむ程のストレスがかかり、歯が捻挫した状態になったり(この状態になると、歯を咬み合わせるだけで痛みがでます)、くさび状欠損で根元の歯が少しずつ欠けてきます。(この状態になると、塩味や甘味もしみてきます)歯の根元のくさび状欠損を詰めて治す治療もありますが、すぐに再び取れてしまいますし、しみるのは止まりません。

当院では、咬み合わせのバランスを整える咬合治療でこのような症状を治しています。

原因が分からず、ずっと歯がしみる症状をお持ちの方は、まずは電話でご相談ください。

TEL:0467-86-1226

PAGETOP