ドイツ式の高性能部分入れ歯 テレスコープ義歯、上下かみ合ったお口の型取りから作るよく噛めて、痛くない性能のよい総入れ歯が専門です
投稿
  • HOME »
  • 院長の学術発表

院長の学術発表

今年もウィーン大学の研修に参加してきました。

毎年7月後半にVieSID:包括的歯科医療のスタディグループが主催する咬合をメインテーマとする学会が、ウィーン大学で丸5日間行われます。

去年に引き続き、今年もこの学会に参加してきました。咬合(かみ合わせ)の分野を詳しく勉強できる機会はとても少ないので、とても貴重な学会だと思います。37カ国、200人以上が参加したそうです。

今回私が一番印象に残った講演は、顎関節を骨折した子供の治療についてです。奥歯の高さをコントロールする事で、顎関節の骨折部位の骨の再生を促すという内容でした。これは顎関節の機能が、歯のかみ合わせとどの様に関係しているかが分かっていなければ出来ない治療の発想で、素晴らしい発想の治療をしているなと思いました。実際に、私もこのような治療を以前実際に見たことがありますが、確かに骨折部位を手術することなく、顎の痛みや口の機能的な動きが回復しました。これは、当院で行っている顎関節症の治療と同じ発想です。歯の機能を使って、顎関節の動きをコントロールします。顎関節症で口が開かなくなったり、痛みが出たりと言う症状が出る場合がありますが、大部分の場合、咬合のコントロールをすることによって、顎関節症の症状を緩和する事が可能だと言う事です。咬合を考慮しない顎関節症の治療方法では、顎関節での関節の状態や軟骨(関節円板)の形態の変形や位置異常に注目して、患者様ご自身のセルフマッサージや痛み止めなどの投薬やヒアルロン酸注射が治療の主体を占める今の歯科界の現状ですが、こう言う治療以外にも治療方法はあると言うことの証明ですね。

ウイーン大学のサマースクールに参加しました

 

ウイーン大学のサマースクールに参加

今回はウイーン大学で行われたVieSID主催のサマースクールへ5日間参加してきました。Vie SIDはウイーン大学のスラビチェック教授のコンセプト”オーストリアンナソロジー”をベースとした咬合にフォーカスを当てたスタディーグループです

今年はこのサマースクールに世界から250人前後が参加したそうです。

ウイーン大学の講堂を使って朝8時から夕方5:30までビッチリ5日間のコースです。この講堂に入りきるの???というくらいの歯科関係者が参加し、みんな真剣に5日間のコースに参加しました。

この会は、咬合がメインテーマ となるため、他の学会に比べてテーマが広く1日目の矯正治療から始まり、ブラキシズムや顎関節症、顎関節や咬合平面と頚椎との関係性などの講義を聴きました。

最近では、医科も含めて医者の担当が細分化していて、人の体を全体でみることの出来る医者が減っています。

しかし、人の体は一つです。そして、体の色々な器官はそれぞれ単体で動いている訳ではなく、それぞれが連携しながら一つの体を適正に保つために機能しているのです。

だとすると、まず医者は全ての体の連携に関して知らなくてはならず、その後に自分の専門の器官にフォーカスを当てるべきだと思います。歯医者は歯だけを診るので はなく、まずは頭頸部に対してその歯に何が起きているのかをまずはグローバルに…そしてローカルに診断していかないと、歯の形は被せて治した…しかし、なぜか噛めない…と言う問題が発生してきます。

当院では、全身の機能に合わせた歯の機能を考えた検査から治療までを行い、歯を治すことで全身的な機能を向上させることを目標に治療を行なっていきます。

 

Father of modern gnathology Prof.Slavicekの講義を受けて来ました。

Gathologyとは、1920年代にアメリカで提唱された顎の動きや機能に関する学問で、かみ合わせ(咬合)の大元の理論です。スラビチェック教授は、アメリカでナソロジーを学んだ後、オーストリアのウィーン大学やドナウ大学で教鞭をとられていた先生です。

彼の功績は数々あり、Seqential Occlusionと言う咬合理論の提唱者で、矯正分野では、スラビチェックアナライシスと言う矯正治療の診断などに利用する骨格分析方法の提唱者です。通常、日本で行われている矯正治療では、歯を抜歯して小さい顎のまま治療を終えてしまいますが、彼の治療方法では抜歯をせずに顎を広げます。

また、オープンバイト(開咬)と言って上顎の前歯と下顎の前歯が噛み合っていない咬合の人の治療の場合、日本で主流なのは、矯正治療では歯はかみ合わないまま、歯並びだけをきれいに並べます。

その後、顎の骨を手術で切って、上下顎の骨の位置を変えることで上下顎の歯と歯がかみ合うように合わせます。

しかし、彼のセオリーでは、顎の骨の手術はせずに、歯を動かすことで(矯正治療を行うことで)上下顎の歯がかみ合うように治します。これは、通常の矯正治療が歯を横軸方向にしか動かせない2次元的な治療に対し、彼のセオリーを使うと縦軸、横軸の両方向へ歯を動かせるので、治療で治せる範囲が3次元的方向に動かすことができるからです。そして、残念ながら日本の歯科では、”歯1本1本の位置や、働きが顎関節の動きに影響を与える”という認識は少ないです。あくまでも、歯の1本だけを治すという考えです。

スラビチェック先生の様に、歯の治療をする時に全身の骨格や筋肉の歪みから全てをチェックして、治療する時には歯だけを診るのではなく、その先の顎関節がバランス良く機能する様に治療する、”歯の治療は顎口腔系の機能改善である”という考えは、とても貴重で、素晴らしい考え方だと思います。

ルーマニアでの補綴学会に参加しました。

1年に1度行われるヨーロッパ補綴学会が、今年はルーマニアのブカレストで行われました。

ヨーロッパの医療と日本の医療との開き

「補綴学会」とは、歯の被せ物や入れ歯に関する分野に特化した学会です。
なぜ、私がこの学会に参加しているかというと、私が専門的に行っている「テレスコープ義歯」はドイツ発祥の治療方法です。その為、テレスコープシステムについて、何か新しい事を勉強しようと思っても、日本の学会ではほぼありません。ヨーロッパの学会まで来ないと、出てこない分野なのです。

学会は、今の一番新しい情報が得られる場所です。ここ数年の、歯科の新しいトピックスは、インプラントCAD/CAMです。
インプラントについてはご存知の方も多いと思いますが、CAD/CAMとは何かはご存知ですか?
CAD/CAMとは、分かり易く言うと歯科用に開発された3Dプリンターを使った治療システムです。日本でも一部治療に導入されていますが、ヨーロッパでの治療システムと

は、かなり違ったものです。

ヨーロッパでは、治療の最初から最後までの流れがかなりIT化されていて、治療前に行うレントゲン検査や顎の機能検査で得られた情報をすべてPCでデータ管管理し、すべての情報をリンクさせます。そして、この情報を元に、その人の顎の動きなどに合わせた、より精度の高い入れ歯や被せものをPC上のデータ操作によって作製する治療システムが、かなり進んできています。
今までの歯科医師の経験や知識を元にした治療から、器械でのデータ解析を利用した治療へ変化しています。
日本がここまで進むには、まだ10年以上は先でしょうか…

当院では、色々と進んでいる最先端の治療の良い部分と時代が変わっても普遍的なベースを大切にして、両方の良いところを融合させた治療をしていく事を目指しています。このように湘南歯科医院は、治療を進化させていっています。

顎咬合学会へ行きました

6月10−11日と東京、有楽町の国際フォーラムで顎咬合学会がありました。この学会は、かみ合わせに関する事をテーマとする学会で、毎年一回6月に開かれます。

一見関係ないと思われるかもしれませんが、乳児の哺乳に関する話から歯が1本も無い無歯顎の義歯の話までテーマは様々です。

今回は、私が共感できた2つの事をお伝えしたいと思います。

哺乳の大切さ…

乳児は哺乳によって呼吸と嚥下/えんげ(飲み込む事)を習得します。哺乳時期にうまく呼吸と嚥下が習得できないまま離乳時期がきて離乳する事で、その後成長しても、口を開いたまま呼吸する口呼吸になったり、食べ物をほとんど噛まずに飲み込んでしまう、食べ物を一口分うまく口に運べず食べこぼす…といった事が起きてきます。

嚥下と呼吸がうまくできる事が、良い歯並びを作ることに繋がっていきます。とても重要なことですね。

 

最近学会で一番多く見られる歯の修復治療は…

インプラントや歯を土台に使用した固定性のブリッジで治療する方法が一番多く行われています。入れ歯は流行ってはないのです….でも、この治療の場合、奥歯まで入れずに小臼歯までの短い歯列にする事がほとんどです。入れ歯のように取り外しでない事にメリットがあるのは確かですが、奥歯を入れないままにするデメリットとして、治療後の歯の耐久年数は期待できません。このような話もあり、私も同感です。

義歯は取り外す事に、抵抗感を感じる方もいらっしゃる一方、治療後の一歩その先を考えると、一度直した治療が長く安定的に持たせられる方法は何かを考える必要もあると思います。歯の治療がファストファッションのように治した後もチョコチョコ再治療が必要になっては、いけないと思いました。

スイスのインプラントの学会に参加してきました。

スイスのバーゼルで、3年に一度のITIインプラントの学会が行われました。私の医院ではインプラント治療をしていませんが、最近インプラントの治療をすでになさっている方が入れ歯の治療をご希望なさることも増えてきましたので、この機会に勉強しに行ってきました。そこで私が感じたことをお知らせしたいと思います。

インプラントを選択すべきか、入れ歯を選択すべきか…について

ほんの数本の歯を失って、ブリッジのように両隣の歯を削って、歯を被せる治療に抵抗のある方には、このような場合、インプラント治療はとても見た目にきれいな歯が入るので有効な治療だと思いました。

多くの歯を失った場合や奥歯を2本以上失った場合は、通常、入れ歯が適応症となりますが、このような場合はどうかというと、インプラント義歯の場合、入れ歯にものが詰まりやすい、耐久年数の問題、よく噛める入れ歯かどうか…という点においては、断然、当院で行っているテレスコープ義歯の方が有利な治療方法でした。とはいえ、いわゆる一般的なバネの入れ歯(クラスプ義歯)では、到底インプラント義歯にはかなわないでしょう。

今回、私が感じたインプラント治療について

インプラント治療は、顎の骨に穴を開けて、インプラント体という歯の根にあたる部分を骨に植えるという認識でしたが、今回見た殆どの症例で、インプラント体を植立する際にGBR法が行われていました。(このGBR法というのは、骨誘導再生法ともいい、インプラント体を植立する際に、インプラント体と植立する骨との間に自家骨を固定したり骨補填材を入れて、その上からメンブレンという骨の再生を促す膜を固定して歯肉を閉じて、しばらく期間を置くことで、植立したインプラント体のまわりに骨を増やす、厚くする方法です。)特に前歯の部分にインプラント体を植立しようとした場合、前歯と口唇との間の骨(前歯の外側の骨)は厚みが薄い為、インプラントを植立して暫く経つと、骨の吸収も早く植立したインプラント体の根元から金属部分が露出してくる事と、骨の吸収が進むとインプラントの耐久年数も下がってしまう為、このような治療が必要とのことでした。前歯の部分にインプラントを植立する際に、まわりの骨の造成も考慮しなければいけないということは、とても勉強になりました。

このような情報も踏まえて、受診される方への治療の適切な選択がアドバイスできればいいな…と思います。

European Prosthodontics Association/ ヨーロッパ補綴学会で、学術発表をしてきました。

P9150455-1.jpg

今年のEuropean Prosthodontic Association(EPA)の学会は、ドイツのHalleのMartin-Luther-Universityで行われました。さすが、ヨーロッパは歴史が深く、マルティン・ルター…歴史に疎い私でも知っているような有名な思想家の名前が付いた大学なんて!と思いつつ、行ってきました。

Halleはベルリンから、高速鉄道で1時間半くらいの場所にある1200年以上前の佇まいを残す町並みだそうです。私が発表した建物の入り口です。普段は劇場として使われている様です。入り口に劇の予告か何かのポスターが貼ってありました。

P9150449-1.jpg

中の会場は、こんな感じの雰囲気で、自分の発表内容をポスターサイズに印刷したものを掲示します。今回、私はうちの病院でやっているテレスコープ義歯と顎関節症の治療の内容のポスターを作り、発表しました。

途中、1時間質問などを受ける時間があります。その時はホールにギュウギュウに人が集まってきて、いろんな方々から質問されたり、コメントをもらったりしました。私の発表に興味を持ってくれた方がジーーーッと文章を読みこんで、質問していってくれたり、一人の方は「この発表はあなたがやったの?」と英語で聞かれたので、「Yes」と答えたら、「スゴイ…」と日本語で言って去って行ったり…普段、歯科医師として仕事をしている私にとって、同じ分野の色々な人から、このような意見をもらったり出来る機会はとても貴重で、大事なことです。

P9160511-1.jpg

学会は3日間ありますが、初日にウエルカムパーティーがあり、廊下のような空間に学会の参加者がギュウギュウになって、色々な人と話をします。こういうところに来ているう方々は、結構フランクに話しかけてくれるのですが、よくよく話を聞くと〇〇大学の教授だったり…すごい人が多く、普段聞けないような色々な話が聞けて楽しい会でした。

IMG_1951-1.jpg

発表の前後には、幾つかの講堂で様々な講義がやっていて、アメリカの医療とはまた少し違うヨーロッパの医療をみることができました。やはり、世界はかなり進んでいて日本も進んでいるように見えても、まだまだ世界はその先へ進んでいて…色々なものを見たり、自分のやっている事に意見をもらったり、そのような事をしながら、医者として成長できればいいな…と感じた今回の学会でした。

顎咬合学会で講演発表しました

6月11−12日 東京駅近くの有楽町国際フォーラムで顎咬合学会がありました。2日間通して今回も5000人弱の歯科関係者が参加したそうです。

この学会は、顎(あご)=顎関節や咬合(かみ合わせ)に関することがテーマの学会です。

顎咬合学会で講演発表

私は12日に「顎関節症を有するフレイル患者に対する咬合機能回復」の演題で講演発表をしてきました。

私はあがり症なので、発表の時はいつも緊張してしまい、会場にいる人の方なんて一切見れません。なので、今回も見に来てくれている人の方は終わってから、ちょこっと顔を上げたくらいです。これだと、聞いてくれた人達がどう思っているかが見られないのが残念なところなのですが・・・。

発表後に座長の先生から「すばらしい発表でした。」と言ってもらって、すごく嬉しかったです。

ところで、「フレイル/Frailty」ってご存知ですか?

顎咬合学会で講演発表

ご高齢の方や病気の方が筋力や食欲が低下することで、全身的な虚弱になることを意味します。

歯が悪かったり、合わない入れ歯を入れている事で、食べる機能が低下して、タンパク質やエナルギー不足に陥ります。すると、ますます食べる気力がなくなり、食欲低下になり、全身の筋力が低下して衰弱して行ってしまいます。

私は口から食べられず経鼻そう管をしている方の治療を経験して、口から食べることの重要性を大きく感じました。

また、しっかり噛めるテレスコープタイプの入れ歯の治療は、フレイルからの脱却につながることを経験しました。

歯科の学術大会で発表しました 2

12月13日、飯田橋の日本歯科大学の九段ホールにて「尋常性天疱瘡と顎関節症を併発した患者への治療の一例」という演題で講演発表をしました。

DSC_8000-3.jpg

尋常性天疱瘡という病気はアレルギー性の粘膜疾患で、お口の中の粘膜が赤くただれて、歯肉から常にジワッと出血しているような感じになる病気です。

以前、私が治療をした患者様ですが、この方は尋常性天疱瘡で病院へ入院中に入れ歯が使えずに何年も過ごしていたため、顎関節症にもなってしまい、初めて当院へいらした時には、歯ブラシがお口の中に入らないほどしか口は開かなくなっていて、なおかつ、お口の中の歯肉も全体的に赤くただれて、歯磨きするとジワッと粘膜から出血するような大変な状態でした。

そして、お口も開かず、入れ歯も入れられない状態でしたので、鼻からの経管栄養でした。こんな状態で、病院を退院しても、お仕事の復帰も、日常生活も送るのは困難です。

この患者様を当院で治療した方法について講演しました。

時間はかかりましたが、アレルギーが改善するような生活改善方法からスタートして、顎関節症の開口障害の改善の治療を行い、現在は上下共に数本の歯を残して、よく噛める入れ歯を入れて、お口も開くようになり、歯肉も綺麗にツルッツルに治り、もちろん経管栄養は外して、なんでも普通に食べれるように治りました。握り寿司も食べれるそうです。

このような患者様の治療例は、ほとんどありません。

経管栄養を外せないまま、食べられないまま治らない方も実際には多いです。

一人でも多くのこのような状態で困っている患者様に治ることを知ってもらいたいと思います。でも、治療としては、知識も技術もすっごく必要な難しい治療です。

アメリカのIADRの学会にて発表してきました

今回はInternational
Association for Dental research(IADR)の学会に参加しました。この学会は、歯科のあらゆる分野のものも含んでいる学会で、私は「義歯の装着が脈拍数、サチュレーションに及ぼす影響」について発表してきました。

私の発表の内容は、義歯を装着した時と義歯を外した時には、脈拍数やSPO2(酸素飽和度)に有意差が出るという内容のものです。

私の発表では「very interesting!」と多くの人から言われ、興味を持ってもらえたようです。色々と質問されたり、説明したりとあっという間の発表時間でした。日本の学会と違うのは、こういう風に自分の意見を発表し他の人に示すと、それに対して議論を活発に交わすことがっ出来たり、率直な感想がもらえたりしたことです。これは私にとってとても大きな収穫でした。以前、日本の学会で発表した時は残念ながら、こんなに他の人から感想や意見をもらうことはありませんでした。

アメリカの歯科学会

同じ歯科といっても、国によって保険事情や医療レベルにはかなり差があり、やはりより良い医療を提供するには、国際学会に参加していかないと、日本には海外からの新しい情報が入ってきません。日々の診療では、このような学会から得た知識を提供し、その知識を元に治療で良い結果を得たら、それを学会で発表して、広く歯科界の人に知ってもらう。ここにこそ、より良い医療の循環があるのではないでしょうか。

■追伸:両隣で発表していたグループがドイツのグループだったので、少し話をしましたが、今もドイツでは私の得意分野であるテレスコープ義歯は広く浸透していて、スタンダードな治療方法であり、一部はドイツの保険が適用されるそうです。日本とは違いますね。しかし、他のヨーロッパやアメリカでもテレスコープ義歯はそれほど浸透していないとも言っていました。それはなぜかと言うと、技術的にとても難しい方法なので治療に組み込むのがとても難しいんだね…残念だけど…などなどと話していました。

gakkai.jpg

歯科の学術大会で発表しました

12月に飯田橋の日本歯科大学の講堂にて、歯科医療関係者向けの学術大会で発表をしました。

当日は、80名弱の歯科医師を中心とした、医療関係者が来場していました。

朝から夕方までで約10名の発表が順次行われました。

私は「大人の咬合・子供の咬合」という演題を発表しました。

内容は・・・最近、保育園や小学校などに検診へ行くと、顎の発育の悪い子供がとても多いです。

その原因の一つの要素に、哺乳時期の短縮や母乳保育の減少があります。

私の診療所でも、歯並びが悪い、指しゃぶりが止められないなど相談されることも多いので、どのように治しているかをご紹介しました。

また、子供の時期で歯並びが悪いと、大人になった時にどのような問題がお口の中に起きてくるかを話しました。

一生自分の歯で食べるためには、子供の頃からの健全な顎の発育がとても重要なんです。

最後に、私の90歳になる祖母をご紹介しました。

彼女は10年前にテレスコープ義歯の治療をしましたが、現在とても健康でマグロやイカの握り寿司や巻き寿司もバクバク食べている写真を見ていただき、高齢になってもしっかり食べれる重要性を話し、性能の良い義歯がどれほどその人の生活を左右してしまうかを話しました。

大人のかみ合わせ、子供のかみ合わせ

歯科学会発表

保育園でご父兄を対象とした講演をしました

9月に私が校医をしている保育園でご父兄を対象とした講演をしました。

演題は「健康な大人になるために」で、春に行った歯科検診の結果を元に、虫歯予防と口腔育成の内容をお話ししました。

虫歯については、急激に進む虫歯と穏やかにしか進まない虫歯の見分け方や、お家でしてほしい虫歯の予防方法、今流行りのキシリトールとフッ素はなぜ虫歯予防に効果があるのか?どのように活用するか?などをご紹介しました。

また、虫歯が進むと永久歯にどのような影響があるのかを、実際のレントゲン写真で説明しました。

今回、思いの外、虫歯予防の話が長くなってしまったので、口腔育成については少ししかお話しできませんでしたが、口腔育成も大事な分野です。

最近は働いているお母さん方も多く、それに伴って哺乳方法や哺乳期間、離乳時期にお口の周りの筋肉や舌の成長に問題が起こり、その影響で、小さい時期から歯並びが悪い子や顎の発育が悪い子がとても多く、こういう子供がそのまま大人になるために、歯並びや骨格の成長に問題のある成人も多いです。

かみ合わせの不具合(不正咬合)は、見た目の問題だけではなく、慢性的な鼻の病気や口呼吸など体の健康に影響を及ぼします。これは、歯並びが呼吸に影響を及ぼすからです。

子供が成長する時期から、よい歯並びを保つこと=健康な体の成長を促す、「乳幼児期の育て方とその後のちょっとした生活習慣に気を付けてもらえば、歯並びってそんなに悪くはならないんだよ!」っていうことをより多くの人に知っていただきたいと思います。

要するに、普通に育てば歯並びって良くなるはずですよね?!何もしなくても、ということなんです。

今は、普通が難しいのかもしれませんが。

講演風景

顎咬合学会で発表をしました

IPSG包括歯科医療研究会 稲葉繁先生と

6月9日、10日に有楽町の国際フォーラムで顎咬合学会がありました。
私は『義歯装着が呼吸に及ぼす変化について』の演題で発表してきました。
とっても広くて綺麗な会場に、沢山の医療従事者の人達で賑わっていて、熱気にあふれていました。

当日は、当院でしっかりとした義歯を作った患者様方が血圧が安定したり、体調が良くなっていることをデータで示して、たくさんの歯科医師の先生に見てもらいました。

義歯は、ただ噛む為の道具ではないんです。良い義歯は、血圧まで安定してくるんです。これはとても大事なことですよね。

IPSG包括歯科医療研究会(歯科スタディーグループ)の学術大会で講演しました

12月18日 IPSG包括歯科医療研究会の学術大会にて、『義歯が体に及ぼす影響』をテーマに学術発表を行いました。

IPSG スタディーグループの学術大会

歯科医師を中心とした歯科関係者へ向けての発表で、発表内容は、部分義歯でも、総義歯でも、義歯をはめている時とはずしている時で、脈拍に影響が出ること(つまり、入れ歯は常にはめていないと、心拍数が上がって、血圧が上がってしまうこと)や、鼻の通気(鼻づまり)に影響する事(つまり、歯が悪いとそれだけでも、鼻づまりになる)などデータを元に実証しました。

お口の中の健康は、噛む事だけではなく、全身に影響しているんですよ。

IPSG包括歯科医療研究会とは、私が所属している、歯科の知識や技術向上の為のスタディーグループです。

PAGETOP